EURO2008:勝手にBest11

Artur Boruc(Poland#1)
 チームの勝利にこそ結びつかなかったが、再三のビッグセーブで脆弱な守備陣を支えた。ハイライトは5点は防いでいたオーストリア戦だが、他のゲームでも相手のアタッカーに頭を抱えさせ続けた。


Carlos Marchena(Spain#4)&Carles Puyol(Spain#5)
 チャレンジ&カバーの関係、ラインコントロールなどに見られた円滑なコンビネーションはゴール前に安寧をもたらした。不利と思われたハイボールにも素早く体を寄せて競りかけることで対応し、パワープレーに対しても全く集中を切らさなかった。この2人がプレーした5試合で、流れの中からの失点が1という事実がすべてを物語っている。
Yuri Zhirkov(Russia#18)
 頻繁な上下動とテクニカルなドリブルで左サイドを蹂躙。縦のみならず斜めにも動くことでポジションチェンジを誘発し、相手にさらなる混乱をもたらした。2トップとの関係も良く、コンビプレーでの突破も有効だった。
Danijel Pranjic(Croatia#22)
 最高のタイミングでサポートに現れ、スピードに乗った突破から正確なクロスでゴールを演出する。しかもそれを90分間続けられるフィジカルの持ち主で、上がることに対して、いかなるシチュエーションであっても恐れも迷いも感じさせなかった。


Marcos Senna(Spain#15)
 常にバイタルエリアのスペースを埋め、適切なポジショニングでセカンドボールを拾う。ビルドアップでもショートパス主体のスタイルに中距離のサイドチェンジを交え、変化を与えた。プレスのターゲットになりがちだったが、そこで餌食にならないだけの技術を持ち合わせており、ボールロストが少なかったことも評価すべきだ。目立つ存在ではないが、攻撃的なスタイルを支えたのは間違いなく彼の献身。スペインで最も重要な選手だったといっても過言ではない。
Nigel De Jong(Netherlands#17)
 凄まじいまでの運動量でセカンドボールを支配し、自分のゾーンに入ってきた相手のゲームメーカーをタイトなマークで封殺する。ファン・バステンの目指した中盤の守備からのカウンター、という形を具現化させた最大の功労者だろう。攻撃面での貢献は少なかったが、確実なつなぎでピンチを招くこともなかった。
Xavi Hernandez(Spain#8)
 今大会におけるスペインのフットボールを象徴する存在。ボールを引き出し、正確につないでリズムをつくりながら自らは前に出てフィニッシュに絡む。彼自身はずっとやってきたことを実行したにすぎないのかもしれないが、相手にとっては人と人の間やラインの間に絶妙のタイミングで顔を出す、実に嫌らしい存在だったに違いない。守備でも的確なスペースマーキングでセナや最終ラインを大いに助けた。
Luka Modric(Croatia#14)
 ドリブル、パスも素晴らしいが、あらゆる局面に顔を出せるダイナミズムとプレーヴィジョンが光った。後方をニコ・コヴァチがカバーしていたこともあったが、センターハーフとは思えないほど前線に頻繁に絡み、突破やスルーパスで得点機を演出した。どんな状況でも冷静さを失わないメンタリティーも称賛されて然るべきだ。
Deco(Portugal#20)
 周囲が足元ばかりでもらいたがる中、ひとりスペースを見つけてはそこに動いてボールを引き出し、攻撃の流れをつくり出すことに腐心し続けた。彼と同レベルの戦術眼の持ち主がスペインのように他にもチームにいれば、ポルトガルが早期敗退することもなかったのではないか。


Andrei Arshavin(Russia#10)
 サイドから中盤まで幅広く動いて突破やパスでチャンスを演出するのみならず、受け手として裏に抜けたり飛び込むこともできる。速さ、技術、視野の広さ、とアタッカーとして求められる資質のほとんどを持ち合わせており、ロシアのムーヴィング・フットボールは、彼の復帰によってスムーズさと破壊力を増した。日常的に高いレベルでプレーする機会を与えれば、より驚異的な選手になり得るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Final:Spain 1-0 Germany

 立ち上がりこそドイツがハイプレッシャーと積極的にスペースに出る攻撃で主導権を握ったが、結局彼らの時間帯はそこだけで、あとはボール回しを後追いして消耗させられただけだった。スペインはキープしながら徐々に相手の勢いを殺ぎ、いつの間にかペースを自らの手に入れていた。フェルナンド・トーレスの速さに相手がついて来れていないと見るや、中盤を省略してでも徹底的に彼を使って得点したこともそうだが、全員の意識が統一された、巧みなゲームコントロールは出色だった。また、守備でも最後まで前から追いかけていたし、パワープレーに対してもタイトさも集中力も失われなかった。勝つべきチームが勝った、ということだ。
 大会全体についても同じことが言える。スペインは質の高いプレーを6試合続けたが、他の国は必ずしもそうではなかった。美しいチームは往々にして他に重要なものが欠けていることで敗れ去るが、彼らはその部分も備えていた。ベストチームが勝者となったことは、フットボールにとって喜ばしい結果だと言えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Semi-finals:Spain 3-0 Russia

 スペインは、完璧なディフェンスをした。素早い切り替えで前線からパスコースを限定し、アルシャーヴィンが使いたい最終ラインの前のスペースはマルコス·セナを中心に埋めて彼に仕事をさせない。リードを奪った後はシャビ·アロンソを投入してさらにそこを固める徹底ぶりだった。いよいよ手がなくなって無理に縦に入れてくれば、対応はさらに容易になる。スカウティングに基づいて対策を講じるのは当たり前のことだが、それを最後まで集中を切らすことなくやり遂げた、という点に彼らの今大会における成長を見ることができる。
 攻撃では前半こそフリーランニングが少なくプレスに苦戦したが、後半に先制してからは相手がリスクを負って前に出てきたことで守備の出足の早さを生かしたカウンターが効果的になった。それを見越してグイサを投入したベンチワークも見事なものだった。
 ここまでの内容だけを比較するなら、ドイツは彼らの敵ではない。自分たちのプレーさえできれば相手がベストの状態でも引けをとることはないはずだ。最高の内容で最高の結果を出したことで浮つくようなことがなければ、問題ないだろう。
 ロシアは切り替えやビルドアップの部分でことごとく先手を打たれ、何もさせてもらえなかった。中盤をコンパクトにしてボールを奪いにいっても交わされ、厳しい状態をつくられても強引に前に入れて押し上げれば、ボールを失って裏を突かれる。1点差であれば様子を見ながら相手が嫌がりそうなカウンターやセットプレーに賭ける、という選択肢もあったはず。それでもそうしなかったのは経験不足もあろうが、最も重要なのは彼らのスタイルではない、ということだろう。
 強い相手に自分たちのやり方を貫いて、敵わなかったことを恥じる必要はない。素晴らしいプレーをしたスペインこそが称えられるべきであり、こういった経験が強くなっていく上での糧になるはずだ。テクニカルでアグレッシヴなスタイルは間違いなく今大会でもトップレベルに位置するもので、彼らもまた、拍手を送られるにふさわしいものを見せてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Semi-finals:Germany 3-2 Turkey

 ビッグトーナメントの準決勝とは思えないほど双方とも集中を欠いたプレーが多く、運動量も少なかった。確かにトルコには酌むべき事情があり、本職ではないポジションの選手がいたり、コンビネーションもままならない中ですべきことをしようとはしていたのだろう。ただ、このゲームに限らず個人技に頼ることの多い古典的なスタイルはフットボールとして質が高いとは言えず、コレクティヴィティの欠如が大量の出場停止を出す、という事態を招いた面はある。そう考えればここまで来れたことに満足すべきかもしれない。この日も見せたように土壇場で驚異的な力を発揮できるメンタリティーは賞賛に値した。
 ドイツは何をするでもなく、ピッチをさまよっているうちに相手のGKがミスを犯し、マーカーが転んで負傷している間に点が入った。ラッキーだったとしか表現しようがあるまい。ここまでの内容を見ても、ポルトガル戦以外は決勝進出に値するプレーはしていない。組み合わせに恵まれたことに感謝すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Quarter-finals:Spain 0-0 Italy

 誰しもが予想した内容になったが、スペインは横パスひとつでも焦ることなく確実につなぎ、相手が待望してやまなかった中盤でのミスを犯さなかったことでカウンターの機会を与えない。特にマルコス・セナはプレッシャーがなかったせいもあるが、ルーズボールを支配した上ほぼ完璧につなぎをこなし、チームのリズムをつくった。最終ラインの集中も高く、サイドバックが上がってきた時に中盤の選手が戻りきれずにクロスを上げられた場面も、体をきっちり寄せて決定的なシュートは許さなかった。攻撃でも最後まで相手の分厚い守備を恐れることなく縦に入れており、サポートもあったので崩せそうな形はつくれていた。相手にその気があったかはともかく、前に出て来る抑止力になっていたことは確かだろう。
 次はロシアとの再戦。初戦のようにすべてうまくいくことはあるまいが、この試合ぐらい集中できていれば問題ないはず。どちらもプレーすることを志向しているだけに、質の高いフットボールが観られそうだ。
 イタリアは引きこもるだけで何もしようとせず、軽い接触でもわざとらしく転げ回って試合を何度も切るなど(レフェリーにも問題はあったが)、ゲームの質を貶め続けた罰を最後に受けた。これが彼らの方法論だ、と言ってしまえばそれまでだが、2年前と比べても明らかに時代錯誤のスタイルに逆戻りしたとあっては、ここまで来たこと自体が幸運だったと言うしかない。大会を通して、勝者たる所以を見せたことは一度たりともなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Quarter-finals:Russia 3-1 Netherlands

 85分までは、ロシアのゲームだった。そして、87分からもロシアのゲームだった。攻から守への素早い切り替えでビルドアップを妨げ、ボールを奪っては鋭いカウンターを繰り出す。深い位置で取れば丁寧なビルドアップからのサイドアタックあり、手数をかけずに2トップに預けて時間をつくる間に後方から走り込んでの厚い攻めもあり、と実に多彩だった。特にアルシャーヴィンとパヴリュチェンコのテクニック、スピード、モビリティは特筆すべきもので、引いて良し、張って良し、コンビネーションも抜群、と彼らだけでも再三決定機を生み出していた。アルシャーヴィンに至っては時間を追うごとに運動量が増したように見えるほどで、相手の守備陣を最後まで翻弄し続けた。彼に限らず全体の運動量も大きく落ちることはなく、中2日とは思えないほど。最終ラインの集中も最後まで切れなかった。何度かあった、斜め前方からのFKにラインコントロールが乱れる点を突かれて失点していなければ、パーフェクトな内容だった。
 逆にオランダは休養十分なはずなのに動きが悪く、トップに入れてもサポートがないためファン・ニステルローイが孤立し、攻撃の形がつくれない。90分が迫ると我を失ったかのように無理なミドルシュートを虚空に打ち上げるばかりで、若さが悪い方向に出てしまっていた。それでも終了間際にセットプレーで追いついたあたりは勢いを感じさせたが、失ったボールを追いかけるばかりで走らされ続けた彼らに、それ以上を望む体力は残っていなかった。延長に入ると中盤を含めた守備陣の足が完全に止まり、失点するのは時間の問題だった。
 ポルトガルやクロアチアにも言えることだが、フィジカル面では明らかに有利なコンディションで臨んだはずなのにその部分で劣るということは、3戦目でターンオーバーを用いたことが何かしらの心の隙を生じさせていたのかもしれない。さもなくば相手側がグループステージの最後で突破を決めた、という事実が不利を覆すだけのモメンタムを生み出したのか。「常識」が容易に通用しない―。これもフットボールの奥深さなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Quarter-finals:Turkey 1-1 Croatia

 気温も考えたのか、ともに自陣を固めてリスクを冒すことなく、交代も明確に変化を求めた、というより「変わればいいな」程度のもので、ゲームを動かすには至らなかった。仮に膠着状態を続けたとしても、深い時間になって足が止まりスペースができてくればどう転ぶかわからなくなるが、それでも流れを動かすことを考えなかった選択には、リスクマネジメントを考えても疑問が残る。実際、後半終了間際からはコントロールが効かなくなり、全く落ち着きのない内容になってしまった。そんな中で失点しても下を向くことなく、ラストプレーで可能性のあるボールを入れ、それをゴールに結びつけたトルコの選手たちの執念を称えるほかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 Quarter-finals:Germany 3-2 Portugal

 ポルトガルは、点を取られるタイミングが悪過ぎた。立ち上がり、ドイツのラッシュに遭いながらゾーンの隙間に入り込んでボールをキープし、緩急巧みにディフェンスを崩し始めた矢先に1点。その直後に相手が後方で回しているのを足を止めて眺めていて、加速についていけず与えたFKから1点。後半立ち上がりから相手を押し込んでいたにもかかわらず、苦し紛れの突破に後手を踏んでまたセットプレー。1点目は鮮やかなコンビネーションを褒めるしかないものだったが、残りの2点はいずれも集中を欠いた対応から始まり、セットプレーでもマークを簡単に外している。前掛かりになった裏、とかなら致し方ないが、これでは自分で自らの士気を下げたようなものだ。実際、3失点目の後は誰もパスコースをつくろうとせず、ひたすら足元でもらってドリブルするばかり。無理矢理クロスを上げたところで待ち構えているのは圧倒的に高いCB、とあっては可能性はほとんどない。デコ1人がボールを動かそうとしていたが、周囲がこれでは如何ともし難い。クリスティアーノ・ロナウドをCFに回して試合から消してしまった采配も含め、自滅した印象が拭えない。
 ドイツは、最初からペースを考えないぐらいの勢いでボールを奪いにいく、という戦略によってグループステージでは見られなかった積極性が引き出されたのではないか。そこで点が取れたことで楽になったが、その間ににもサイドバックが再三裏を取られるなど、取れなければ立場が引っ繰り返っていたかもしれない危うさはあった。どう守り、どう攻めるのか、次の試合までにはっきりさせておく必要はあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 GroupD#3

Russia 2-0 Sweden

 ロシアは、アルシャーヴィンが左右に流れてボールを受けることで最終ラインを引っ張って、ここまでは自らがその仕事をせざるを得なかったパヴリュチェンコにスペースを提供するとともに後方からの走り込みも引き出した。これだけでも混乱を与えるには十分だったが、さらに前にボールが入ったときに常に2人以上が忠実に走ってトップスピードでボールを引き出す。引き気味の相手を崩すお手本のようなプレーの連続で、スウェーデンに攻めに出る暇すら与えなかった。2点目を奪った後は自陣に厚いブロックを築き、相手が変更したポジションを執拗にカウンターで突いて決定機を量産するなど、巧者ぶりも発揮。次のゲームでは、オランダの中盤のハイプレッシャーに対して後手を踏むことなくビルドアップやオーバーラップができるかが鍵になるだろう。
 スウェーデンは中盤の支配権を放棄してでも最終ラインに人数をかけて厚い攻めを防ぐつもりだったようだが、ボールを奪ってもトップは遥か彼方、出すところがなくなって半端につなごうとしては切り替えの早い相手に圧力をかけられて危ない取られ方をする悪循環。前半のうちに勝負をつけられていても不思議ではなかった。2点を失ってからはさすがに押し上げて攻めに出たが、2トップに頼る気持ちが強過ぎたのか、彼らを生かしながら自分も生きよう、という動きが少な過ぎたため、放り込むだけの単調な攻めに終始。しかも必要なところに人がいないためシュートは打てず、セカンドボールは拾われてカウンターを浴びるという壊滅的な事態に陥った。明確な戦略と組織で地位を築いてきたチームがそれを失えばどうなるのか、身をもって示すことになってしまった。

Spain 2-1 Greece

 ともに確固たるモチベーションがないため、圧力の少ないオープンな―「緩い」とも表現できる―ゲームになった。ギリシャが先制したことで多少は面白くなったが、もはや守り倒す理由もない彼らがその後も普通にプレーしたことで、個で上回るスペインがボール支配を強め、最終的に引っ繰り返した。控え選手たちがレギュラー組と遜色ないプレーをしたようにも見えたが、タイトなゲームで同じようにできるという保障はない。そもそもシャビ・アロンソやセスクにスペースを与えれば、この程度できるのは当然といえば当然だ。新たな発見だったとは言えまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2008 GroupC#3

Netherlands 2-0 Romania

 結局、ルーマニアは持たされているだけだった。運ぶまではできても攻撃のサポートが薄く、最後に仕掛けるのは常にムトゥ。いくら彼が好選手だといっても、常に2人、3人と相手にしなければならないのでは勝ち目はない。3試合を通して組織的な守備にこそ見るべきものはあったが、ムトゥやキヴを生かす補佐役に人を得なかったところに限界があった。オランダは猛威を振るってきたカウンターをちらつかせながら、ポゼッションの質でも圧倒。複数の選手を絡めて高い確率でフィニッシュに持ち込み、いわゆる「オランダらしさ」を存分に見せ付けた。不安がないのが不安、というぐらいの好調をどこまで維持できるか。

Italy 2-0 France

 このゲームにとって不幸だったのは、イタリアが先制してしまったことだ。どちらも勝つことでしか道が開けないにもかかわらず20分以上も延々と様子を見続けた展開だけでも噴飯ものなのに、先制した方は1人多くなったにもかかわらず総退却。それも「守り切れる」という確信の下に組織を築いた、というのならまだしも、ただ引いて蹴り返すだけとあってはトラパットーニでも復活したのかと思わせるほどで、ベンチも守備固めの交代でそれを後押しする始末。このやり方が通用しないことは、とうの昔に証明されているはずなのだが…。ラッキーな2点目がなければ結果はわからなかった。
 つまり、フランスにチャンスがなかったわけではない。現実に数多くあった穴を突こうとはしていたが、どうしても最後のところで1枚足りなかったのだ。原因は失点した後、相手の出方を見ることもなく即座に攻撃の枚数を削ってCBを補充した消極的なベンチワーク。彼らが置かれていた立場を考えれば、疑問を呈さざるを得ない。
 今大会は、このゲームはともかくチームワークも感じられなかったし、特定の数人の頑張りが目立ったのみ。世代交代の過渡期であったにしても、あまりに惨めな終わり方だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)