« 2015年5月24日 - 2015年5月30日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »

2015J2#17 千葉1-1札幌@フクダ電子アリーナ

 何もさせなかった前半、何もしなかった後半。あんな腰の引けた姿勢では、経緯がどうであれ追いつかれたのは当然の報いだ。
 相手が出てくるのはわかりきっていたのに受けに入って、ボールを奪いにいく姿勢も見られず、ズルズル下がってはね返すだけになり、前半から空中戦で苦戦続きの都倉に、それでも蹴る。さらに誰もフォローに行こうともしない。苦しいからといって、味方を助けることを放棄してはフットボールは成立しない。
 言われた通りにできているうちはいいが、状況が変わったら雪崩を打って崩壊する、では身につけたことにはならない。ちょっと目が利くなら受けられる場所、出せる機会はいくらでもあったはずだ。それを何回かでも誰かがやっていれば、連動性を周囲も思い出したのではないか。インテンシティーや運動量にばかり目が行きがちな展開ではあったが、そう考えれば小野を入れる決断があってもよかったのかもしれない。
 これを「頑張った、体を張った」などと称えているようでは、今までと何も変わらない。ゲームを読み解き、最適解をチームで導き出せるようになるのが目標ではないのか。まだまだ足りないことがこの2試合で明らかになったのだから、さらに頭を使ってプレーする意識を高めていかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015J2#16 札幌1-1C大阪@札幌ドーム

 人が変わったからなのか、相手の名前をリスペクトし過ぎたからなのか、前半はあまりに消極的だった。全体が下がり過ぎ、サイドチェンジでサイドバックの裏を狙おうという意図はあったようだが、その先のフォローがなかったり宮澤や古田に顕著だったように簡単に失ったり下げたりで、手詰まりになって都倉に蹴ってもことごとく山下にはね返される。守備でも人数はいてもボールばかり見てスペースを与えるばかりで、相手の攻撃陣に相互理解が存在すれば失点を重ねていてもおかしくなかった。後半の入りもさして変わりはなかったが、福森、櫛引と並んで前半から向かっていく姿勢を見せていた前寛の思い切りの良さが、チームを救ったといっていい。
 しばらくすると、ともに点を取りにきたことで行ったり来たりになり、取ってもおかしくなかったが取られても不思議ではない展開になった。エンターテインメントとしては上等だったが、最後の精度や判断の質があまりに低過ぎたことで2ポイントを失った、と言えなくもない。古田なぞ、そこまでの体たらくをチャラにするチャンスが何度もあったのに全部無にしてしまった。ナザリトも相変わらず好きなことしかしようとしないし、神田も姿勢こそ見せたがシュートの下手さ加減はユース時代と変わっていない。90分を過ぎても完璧なサイドチェンジを連発した稲本ばかりが目立っているようでは、先には進めない。
 戦力値も(恐らく)人件費もリーグナンバーワンの相手でも、対等以上に戦えることは示したが、そんなことはとっくに分かっている。強い個に伍していくには、こちらの個のレベルアップに加えて組織としての精度をさらに上げていくしかない。走り切った、戦い抜いた。これだけでも成長の跡は十分に見えたが、その上に行くためには何が必要か、監督に言われる前に各々が気づいて、克服しようとしなくてはならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月24日 - 2015年5月30日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »