« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »

2015J2#5 札幌1-2京都@札幌ドーム

 京都が攻撃的MFをアウトサイドの裏に残してくることはスカウティング済みだったのだろう。ぽっかり開いたサイドバック前のスペースに両サイドのみならずFW、時にはボランチやストッパーまで送り込んで数的優位をつくり、相手が固めてきた中央を経由せずダイレクトに配球することでサイドを蹂躙する。とりわけ中原と内村は引いて受けてリズムをつくりながらサイドのサポートからゴール前への飛び込みまで幅広く動き回り、相手を混乱させ続けていた。
 ただ、ゴールが置かれているのは人数の多い中央であり、そこを攻略するためには技術が必要だ。しかるに披露されたのは無様なクロス、通るはずのないスルーパス、入るはずのない状況でぶっ放したシュート…。それでも山ほどアタッキングサードに入り込んでいたのだから、決定機がなかったわけでもない。それすらモノにできなかったのは下手だから、と言うほかない。高い選手が中で待っているのに低いボールをDFに引っ掛けてみたり、外すことが困難なクロスを枠外に飛ばしてみたり。これで取れないような選手だから、札幌にいるのかもしれないが…。
 そして、取るべきところを逃せば報いを受けるのがフットボールだ。前節と同様に、古田の素人のような守備で与えたFKを、金山があり得ない反応の鈍さでゴールに入れてしまう。本職ではないにせよプロのMFなら古田はもっとまともな対敵動作ができたはずだし、あのボールスピードに対応できなかった後者にはもうピッチに立つ機会は与えられまい。もっと悪かったのは直後のプレーで、櫛引が必要もないのに慌てて入れた縦パスをカットされて食ったカウンター。いつものように下を向いて意味のない横パスを回すより余程マシではあるが、あまりにナイーヴだったと言わざるを得ない。
 ベンチも追い討ちをかけた。動きがさして落ちていたわけでもなく、このゲームの立役者であった中原と内村を早々に下げたのはまったく理解できない。実際、前田は例によって自分が格好をつけることに固執して再三フォローに入ってきた堀米や福森を殺してしまったし、ニウドに至っては右往左往するばかりとあって準備があったのかすら疑わしい。さらに意味不明だったのが勝利への執念を押し出してビルドアップの重要な起点となっていた福森を最後列に下げた交代で、これによってボールの出所が減り、ただ蹴るだけになって完全にチームが壊れてしまった。安全運転に徹して何ももたらさなかった宮澤、切れを欠いた上に運動量が落ちていた古田ら、代えるべき箇所は他にあったはずだ。
 クオリティー、ゲームに対する姿勢と、ここ数年では最高といっていい内容だった。この点については当然、続けていく必要がある。それでも勝てなかったことに対しては、選手が一番分かっているだろう。ベンチもそろそろ、誰が必要不可欠な存在かが見えてきたはずだ。このチームにいつまでも実験をしている余裕はない。荒野もソンユンも帰ってくる。次からはベストメンバーを組まなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015J2#4 大宮1-1札幌@NACK5スタジアム大宮

 何とも、物覚えのいいチームである。またしても消極的なプレーに終始するばかりでさして策があるように見えない相手を自陣にご招待して主導権を譲り渡し、もらったような先制点は河合と金山が下らないミスを重ねて帳消しにする。パウロンの退場もイージーミスが発端だったし、集中力を欠いたプレーがあまりにも多い。自陣ゴール前での反応の悪さも相変わらずで、ちゃんとした相手なら何点失っていたことか。
 1週間調整できたのにこのザマでは、中2日、3日の次はどうなるのか。1回結果を出しては緩むことを繰り返すのは、未熟さの表れに他ならない。ベンチも、続けることができる選手を探す作業を怠るべきではない。試合に出るだけで満足する者が、このチームには多過ぎるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年4月5日 - 2015年4月11日 »