« 2015J2#12 愛媛0-0札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2015J2#14 群馬0-2札幌@正田醤油スタジアム群馬 »

2015J2#13 札幌2-3熊本@札幌ドーム

 30分のプレーで3点は、さすがに厳しかった。60分間の「実験」は、無惨な失敗に終わった。競らない、走らない、戦わないコロンビア人。戦術的に機能しないのみならず、その態度によってチーム全体の士気も下げていたことは、彼が下がってからの他の選手の躍動ぶりを見れば明らかだ。
 どうやら、前田と同様の精神構造の持ち主らしく、自分が好きじゃないことにはまったく熱意を見せない。前節、彼なりに勤勉にプレーしたことで「禊は済んだ」とでも思ったのか、あっさり元に戻っていた。戦術理解もさることながら、何もしていない、あまつさえチームに害でしかなかったのに代えられたら不貞腐れたような態度を見せる。この子供じみたメンタルから叩き直す必要がありそうだ。
 ベンチにしてみれば、まったく理由のない起用ではなかったはずだ。連戦による全体的な疲労、前節のプレーぶり。契約やら強化部の体面やらも考慮に入れてのものだっただろう。ただ、全て自分でぶっ壊してくれた。これでもう、使う理由はなくなった。もはや、改心するか、そのまま消えるかのいずれかだ。
 もちろん、リズムを壊したのは事実だとしても失点を重ねたことまで彼に全ての責任をかぶせるのはフェアではない。直接的には極めて雑な対応をした福森、アーリークロスに棒立ちになるばかりだった最終ラインが責めを負わなければならない。果たして、慢心はなかったのか。すべきことをしなければ、簡単に失点する程度のレベルだ、ということをもう一度肝に銘じる機会にしなくてはならない。
 ただ、チームとして反発力は見せた。相手が引いたことを割り引いても、ことごとくセカンドボールを支配して次々とゴールに迫り、最後の最後まで相手を追い詰めたことは評価できる。その中で中央を固めた相手に対して単純な放り込みではなく、丁寧にサイドを使ってさまざまな手立てでエリアにボールを入れていったことも成長の証だろう。
 これなら、次に尾は引かないはずだ。残り30分のメンバーと、チームのために戦う気のある選手だけで戦えば、また軌道に乗ることはそう難しくはあるまい。そのためにも、次の45分は大事になる。

|

« 2015J2#12 愛媛0-0札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2015J2#14 群馬0-2札幌@正田醤油スタジアム群馬 »

Consadole2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/61564432

この記事へのトラックバック一覧です: 2015J2#13 札幌2-3熊本@札幌ドーム:

« 2015J2#12 愛媛0-0札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2015J2#14 群馬0-2札幌@正田醤油スタジアム群馬 »