« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »

2014J2#39 東京V0-0札幌@味の素スタジアム

 受けにも来なければ、裏を狙うでもない。この期に及んで走らないというのは、どういう了見なのか。相手は取れそうだと見るや6人も7人もボックスに殺到してきた。こちらはせいぜい2人だ。必死さが足りなかった-そう指弾されても反論はできまい。
 プレーオフなんて現実的じゃない、そう思っているから全力を出せないのだ。この状況を招いたのは誰のせいなのか。そう思えば今の位置は望外であるはずなのに、戦えない。いくら有能な指導者でも、積み重ねてきた甘えの体質を一掃するのは容易ではない、ということだろう。こんなメンタリティでは、間違って上がっても今までと同じことを繰り返すだけだ。ならば血を入れ替え、徹底的に考え方を叩き直すしかない。
 まさか応急措置のつもりでバルバリッチを呼んだわけでもあるまい。今が大事じゃないわけではないが、札幌がこれからも続いていくためには、選手を甘やかし、サポーターに甘やかされてきたクラブの抜本的な改革が必要だ。経営陣にその気がないわけでもないだろう。遅きに失したにしても、すべきことはやっていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014J2#38 札幌2-0湘南@札幌ドーム

 湘南がボールをつないでくる狙いは恐らく、それで崩し切ることではなく、敵陣に人数を送り込んだ上でのネガティブ・トランジションで奪い返してのショートカウンター。相手にしてみれば、そこを抜けてしまえば広大なスペースを享受できるが、それをできるチームがこのカテゴリーに存在しないことが、彼らが猛威を振るった要因だろう。
 札幌とてご多分に漏れず、すぐ奪い返されるか、勝手に焦って自主的に返却するばかりなのはやる前から明らかだったし、実際にそうだった。だからどんどん敵陣に放り込んでいったのだろうし、都倉と相手CBの能力を考えれば何かしらのチャンスはできる、と考えていたはずだ。望ましい方法ではないにせよ、人的資源を生かし切る、という点では極めて適切な戦略だった。
 また、先制して余裕ができたせいか、途中からはハイプレスを外してのハーフカウンターも見せられるようになり、ランやポジションチェンジを使って何度か決定機もつくった。守備陣の応対を見てもきちんとボールや人にいけていたし、回させて引っ張り込んで裏を突く、という狙いもチームとして共有されていたようだ。
 珍しくゲーム運びも見事で、相手が攻め疲れてプレスを緩めた途端にボールを回しだし、両センターハーフも押し上げて相手を動かしながら、きれいに穴を開けて追加点を奪った。この上里のゴールも先制点もシュート自体が素晴らしかったが、偶然そうなったわけではなく狙い通りのプロセスを経たもの。的確な分析と指示の賜物だろう。
 今季のベストゲームと言っていい内容だが、それでもまだ雑なパス、意図の見えないプレーが多く、ピンチの多くは自分たちのミスから招いたもの。決めるべきところで決められないのも相変わらずだった。そう毎回毎回スーパーゴールは決まらない。次に向けて気を抜くことなく、修正すべき点は厳しくやっていかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »