« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »

2014J2#27 山形2-1札幌@NDソフトスタジアム山形

 動かない、仕掛けない、責任逃ればかりのオフェンス。パウロンと石井を筆頭に無責任な行為ばかりのディフェンス。後半の攻撃は幾分マシになったが、後方は変わらずじまい。隣の選手に合わせることも2メートルのパスもまともにできないブラジル人にせよ、攻守ともに足手まといでしかなかった右サイドバックにせよ、使う方にも問題があるのは明白だ。
 タスクを明示されずに本職ではない場所をハイレベルにできるぐらいなら石井は先月のブラジルにいたはずだし、フットボールをプレーする脳がないことを証明し続けているパウロンは外れ籤であることがあらためて明確になったということだ。いずれも、半年も前から分かり切っていたことではないのか? ベンチが「責任を問われることはない」と高をくくって出鱈目を続けているのか、本当に何も気づいていないのか。
 何にせよ、適格性に疑問符をつけるには十分過ぎるほどの材料が毎週末に提供されている、とフロントが感じていないのなら、ピッチ上と同じかそれ以下の、責任能力を問われる事態ではないのか?響きだけが甘い理想論とチームの存在、天秤にかけるまでもあるまい。サポーターをナメた真似も大概にしないと、クラブは本当に存廃の危機に瀕することになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »