« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »

2014J2#12 札幌2-2熊本@札幌ドーム

 中盤を代えた甲斐あってか、前線へのデリバリーが幾分スムーズになり、そこからコンビネーションで崩していこう、という姿勢が前半の途中までは見えた。ただ場所が見えていない、パスがずれるなどで崩し切るほどのクオリティーはなく、相変わらず参加しようとしない者もいたため厚みも出せず、失ってトランジションもなくカウンターを食らう、という結果だけは変わらなかった。
 その上、今後の出場を拒否するかのようなイージーミスを連発した松本を筆頭に(あんな姿勢で臨んでいれば怪我をするのも自業自得。使った方の責任でもあるが)、マークすべき相手もボールも見ていないのが最終ラインに続出。引っ張られるかのように中盤から前も球際で後手を踏み、明らかに注意力を欠いた所作で次から次へボールを失う始末。これで失点しない方がおかしい。
 ベンチも徒に石井を前後左右に動かすばかりで、どうすれば機能するのか、という方向への抜本的な対策はなく、何もしていない菊岡や宮澤をほぼフル出場させているようでは、資質を疑われても反論はできまい。
 そう。1カ月にわたり、枝葉末節をいじるだけで何も改善されていない。ましてこれほど多くの選手が集中を欠いたプレーをするようでは、落ちるところまで落ちた、マネージメントが機能不全に陥った、と断じるほかない。チームを掌握できないコーチングスタッフが辿り得る道はただひとつ。決断の時が迫っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »