« 2014年3月23日 - 2014年3月29日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »

2014J2#6 札幌1-0松本@札幌ドーム

 石井と前田しか受ける動きをしないから、ボールも動かなければスペースもつくれない。引いた相手にチャレンジするでもなく、ただ蹴っているだけでは眠気を催すような展開が延々と続いたのも道理だ。下らないパスミスでのボールロストも多く、相手も蹴るだけだったので大事には至らずに済んだとはいえ危険なのは確か。チームとして何をするつもりなのか、原点に戻る必要があるだろう。
 最終ラインも、跳ね返していればいいだけだった割にはギャップを突かれたり、あっさり裏を取られたりと、安定していたとはいえない。とりわけ前半のパウロンは試合勘のなさが明白で、素人と見まがうような応対を繰り返していた。ただ、除々に感覚が戻ってきたようで、後半途中からは、こと跳ね返すことに関しては完璧に近かったのはCBの層を考えても明るい材料だ。
 「人もボールも動く」いう意識がないわけではないようだが、状況も考えずにどの局面でも同じテンポでやろうとする(または全くやろうとしない)からミスが出る。せめてチームの半分ぐらいは頭を使わなければならない。言われたことだけをやっていれば足れり、というメンタリティーからは、いい加減卒業すべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014J2#5 京都1-1札幌@西京極総合運動公園陸上競技場

 プレスの連動やプレスバックなど、能動的にボールを奪いにいく守備は、だいぶん戻ってきた。京都にほとんど形を作らせなかったのが、その証拠だ。もちろん、まだ不十分だからこそ最終ラインの前が空いてゲームを支配される時間帯も多かったし、奈良が下らないパスミスを繰り返したことで招いたピンチもあった。失点はセットプレーのクリアがそれまでもずっと甘くて、何度もセカンドボールを失い続けた末でのものだ。それでも、戻るべき形をある程度思い出した、という点での意義はあったのではないか。
 ビルドアップも、砂川や宮澤の好パフォーマンスに拠るところが大きかったとはいえ、グループで動かして、スペースをつくって崩そうという共通認識が時間が進むにつれて見られた。足りなかったのはフィニッシュワークの精度と意識。クロスが下手なのは練習するしかないが、打てるところで打たないのはすぐ改められるはずだ。
 見るべきものの多い内容だったとはいえ90分間を通してではなかった。勝つ資格はあったが、不当な結果とまでは言えまい。2ポイント足りなかった分は何なのか、11月に泣かないためにもよく考える必要はあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月23日 - 2014年3月29日 | トップページ | 2014年4月13日 - 2014年4月19日 »