« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »

2013J2#31 水戸1-3札幌@ケーズデンキスタジアム

 失点するまでは、最近の例に漏れず「フェホが当てにならない」「前線に入れられない」「適当に蹴る」「安易なボールロスト」…誰も前に出ていない上、ファーストディフェンダーのレスポンスが遅いから、ネガティヴ・トランジションが機能しない→カウンター、という負のスパイラルの繰り返し。だいたい、前線に前田とフェホを並べた時点で誰かが彼らの分まで守備をして、組み立てもしなければならない。今までは内村だったが、この日は岡本と荒野。守備にばかり運動量を割かれ、前に出ていこうにも誰も時間やスペースを作ってくれないから、自分で仕掛けて、何とかしようとするしかない。気の毒としか言いようがなかった。
 水戸の方がずっとシンプルなやり方なのに、はるかに脅威だったのはまさに選手のメンタリティーの差だ。彼らは鈴木を絶対的に信頼している(それだけのプレーを鈴木もしている)から、多少アバウトなボールでも迷いなく出ていける。当然、プレスもかけやすい。こちらは正のスパイラルだ。札幌の最終ラインが何とか体を張ったことと、水戸の選手の技術不足のおかげで1点で済んだ、と考えるべきだ。
 1発殴られてやっと、身内ではなく相手と戦う気になったようで、そこにヤケ気味としか思えない、前線を厚くする交代策がはまった。といっても、恐らくベンチが意図した形ではない。自分がプレーするスペースがなくなった前田が右サイド、相手の最終ラインと中盤の間あたりをフラつき始めたあたりから流れが変わった。システム上、水戸はそこを見ることができず、また抑えにも来なかった。前半から飛ばしていて運動量が落ちてきたことも、こちらにとっては幸いだった。毀誉褒貶ある選手ではあるが、このレベルで自由を手にすれば、いくらでも違いを作り出すことができるだけの能力は持ち合わせている。まさに好き放題で、荒野や日高まで生き返らせてしまった。
 それにしても、本当にこれでいいのか。個人や運を頼むだけのようなサッカーがだ。どう見ても、この6試合ほどはチームディフェンスもオフェンスも機能していない。相手の実力不足で失点を免れ、こちらは内村の能力や前田のセンスなどだけで勝ち点を拾っている状況だ。どうやら2年前に似てきた。ということは、結末も同じ、ということだ。今季、現場の陣容を入れ替えたということは、福岡戦や松本戦で片鱗を見せたような、超モダンなトータルフットボールを目指しているのではないのか。結果だけで浮かれていては、何も進歩しない。少なくとも1試合はフェホが使えないのだから、この1カ月ぐらいの迷走ぶりを見直すいい機会としなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »