« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »

2013J2#24 東京V2-1札幌@味の素スタジアム

 前節、あれだけのプレーをしたメンバー、しかも攻撃のキープレーヤーを代えたのだから、何らかの意図があるとみなすのが普通だろう。内村の持ち味はあくまで突破であって、三上のようにCBをコントロールして味方にスペースを与えるプレーはレパートリーにない。でも、結果は前々節までのただ回すだけで何も起こさない、イライラが募るものに逆戻りしただけだった。
 トップが受けられないから荒野や岡本がクサビを受けるしかない。それでは前節のようなダイナミズムは生まれない。だいたい、あれだけ相手が引いてくるのなら、内村の特長が出るはずもない。前田は邪魔なだけだったし、工藤も内村と同タイプだから結果は同じ。三上に5分しか与えなかった理由は何か。勝手な序列だけで選手を使うのなら、前任者と同じだ。「フェホが入るから三上は使い捨て」とでも思っていたのか。1試合とはいえ質の高いプレーをした選手に対して、あまりに敬意を欠いた行為だったというほかない。
 一つ勝っただけでいい気になって、ベンチにも選手にも緊張感がないから、あんな下らないミスが生まれる。上原が守備面での極めて高いリスクを覆すようなプレーを見せたことがあるか?杉山がプロのキーパーなら誰でもできるはずのシュートストップ以外にまともなプレーをしたことがあるか?
 いるべきところにいない、小学生でも取れるボールをこぼす。他にも杉山については前に出た2メートル手前で相手に触られた、なんていう珍プレーもあった。いくらやってもできない選手を、いつまで使い続けるのか。数少ないマーキングの機会で簡単に外し、軽すぎる対敵動作であっさりシュートを許したCB陣についても同じことが言える。
 緊迫感を与えなくてはならない。パウロンや櫛引、曵地はきょう出ていた連中よりよほど酷いのか?松本の忠実さは戦力とみなされていないのか?大したプレーをしていない連中を残して、最高のプレーをした選手を外す。まったく意味不明だ。
 右の頬を差し出して、左の頬も差し出して殴られてから必死にやっても遅い。これで「頑張った」といった意味のことを監督自ら言っている時点でどうしょうもない。ほかの60分ぐらいは何をしていたのか。アイディアとか技術以前にゲームに対する姿勢が足りない。ブッフォンは、プジョールは、何をしている?絶対に集中を切らさない。それができていたのはせいぜい堀米ぐらいだ。皆さん、実によくこのクラブの「文化」に馴染んでいるようだが、それをやっている限り未来はない、ということにいい加減気づかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »