« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »

2013J2#23 札幌3-0福岡@厚別競技場

 ボールに向かう。ゴールに向かう。やっと、当たり前のことができた。言われてからでは遅いが、それでもやらないよりはマシだ。ボールサイドに人数をかけて奪いにいき、どんどん縦に入れてサポートに走る。前橋や鳴門より暑くても関係ない。行って、取れれば出ていく。いいスコアになれば主導権は譲りつつ、カウンターで脅かす。理想的なゲーム運びができた。結構な家賃を払ったが、フットボールの要諦を身につけられたのなら高くはない。
 三上がボールを受けられるポジションを取り続けたので、難しい状況でもクサビを入れられた。前が頭を使って動いてくれれば後ろもチョイスが楽になる。彼が幅広く動いたから二列目にスペースや時間をつくれたし、本人も起点になるのみならずターンして突破を図ったりしてゴールを脅かすプレーができていた。特に前半、裏に走ったわけでもないのにオフサイドが多かったことは、最終ラインをコントロールしようと意図して相手が嫌がる場所にい続けたことを示している。彼がディフェンスを引っ張ったからこそ、荒野や岡本が裏を狙えた、ということだ。
 守備も集中を切らすことがなかった。常に前線から奪いにいっていたし、こぼれれば堀米や前が素早いアプローチで相手を自由にさせない。彼らにしてみればずっとやってきたことをやったにすぎないのだろうが、それをこの何年も誰もやらなかったのだから、価値のあるプレーだった、と言うしかない。とりわけ堀米は幅広くカバーに走り、人にも競りかけてボールを奪ってピンチを救い続けた。しかも狭いところでプレーできる技術があるから、プレッシャーがあっても次につなげることもできていた。その上、おかげで宮澤が自分ができることだけに専念できた。球際でも戦えていたし、いいタイミングのダイレクトパスも数多くあった。繰り出した縦パスの数は3年分ぐらいに相当したはずだ。
 このプレーを続けなくてはならない。すぐ気が緩んでいいゲームを続けられないのが、このチームの宿痾だ。その象徴が宮澤だが、ほかの選手も気を引き締めて、梅雨が明けた本州でのゲームに臨む必要がある。後半、うまく休むことができた。少なくとも半分ぐらいは、思い切っていけるはずだ。やるだけやって、後は味方に任せる。それぐらいの気持ちで、相手を叩きにいかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »