« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

2013J2#22 徳島1-0札幌@ポカリスエットスタジアム

 攻めない、守らない、走らない、戦わない。まるで昨季までに戻ったかのようだった。そんなにサッカーがしたくないのなら、いつ辞めていただいても結構だ。気の抜けた戦いぶりを経験不足のせいにして言い逃れようとした上里にも一言言っておこう。一番気持ちが出ていたのは、おのおの2試合目の堀米と工藤だ。本人はさておき、他の経験とやらをお持ちの連中が何をしたというのか。小手先ばかりのアリバイディフェンス、エリア内で相手がフリーでシュートを打つのをボケッと眺める集中力のなさ、無駄なラフプレーによる退場・・・「経験不足」の彼らには見習ってほしくない代物ばかりだ。
 収穫もなかったわけではない。堀米がセンターハーフに投入されてからは、受けて、動いて、飛び出して、という動きを繰り返したことで流れが明らかに変わった。入れ込み過ぎだったブラジル人が愚かなファウルを犯していなくならなければ、ひょっとしたら勝ち点を得ることができたかもしれない。裏返せば、そのポジションで先発した選手は何もしなかった、ということだ。ただ、宮澤がここに向いていないことは前任の監督が4年間かけて完璧に証明してきたこと。つまり使った方の責任だ。
 さらにベンチが犯した過ちを指弾するなら、交代の順番が滅茶苦茶だった。ハーフタイムで交代をすることに異存はないが、ボールが出てこなかったにせよ裏へのランを繰り返していた荒野を下げたことで、余計にボールが回らなくなった。前半により何もしていなかったのは前述の宮澤か砂川だった。結局砂川をセンターに回しても何も変わらず、3枚目の交代だけが有効策となったが、20分(実質的には5分強だったが)では時間が足りな過ぎた。指導者も育成途上とはいえ、最近は当初より思い切りが悪くなり、年齢の順に代えているように見える。結果が伴わないことで迷いもあるのだろうが、このチームにおいては何の当てにもならない「経験」より、プレーの質を唯一の判断材料としなければならない。
 監督まで昨年以前に戻っているのでなければ、何らかの策は打たれるはずだ。この2試合、梅雨時の内地にもかかわらず高いとはいえない気温、そこそこの湿度-というコンディションに恵まれたのに何もしなかった連中は、当然外れるべきだ。逆に堀米や工藤にはもっと時間を与えなくてはならない。ここで大きな変化がないようであれば、このままズルズル落ちていくことを決意した、ということになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013J2#21 群馬2-0札幌@正田醤油スタジアム

 質が低過ぎる。相手が引いているから大きくボールを動かして幅を使おうとする。そこまではいい。問題はその先だ。サイドに出してもフォローがなく、中央の枚数も足りない。サイドアタックで脅威を与えられないから縦パスを入れても相手が動いてくれない。そこのフォローもない。最後には諦めたかのようにハイボールばかり蹴っていたが、横野や上原が処理できるボールがいくつあったか。
 だいたい、バルサでも不可能なようなスピードで(つまり味方が付いてこれない)コンビネーションを試みたり、フリーなのに適当に縦に蹴ってみたり、相手が何もしようとしていないのにもかかわらず、全くプレーに余裕がない。かと思ったら誰も動かないから今度はノッキングを起こす。そこに相手やコンディションを見た上で、どうすべきなのか思考を働かせた形跡は皆無だ。代表ですらできないことを2部の下位チームに求めること自体が間違っているのかもしれないが、言われたことだけをやっていれば良しとするメンタリティーを変えていかない限り、このチームの将来がないこともまた事実。暑ければインテンシティーを落として締めるべきところだけは締めるスペインのようにプレーすべきなのは、涼しいところから来ている我々のはずだ。
 その上、確かに相手はラフだったが、それに腰を引いて球際でことごとく負けているようでは話にならない。下らないパスミスで失うのも失笑するほかないが、1対1で負けるのは怒りを覚えるレベルだ。愛媛でもそうだったし、ひ弱過ぎる。プロである以上、年数は言い訳にならない。フィジカルが足りないのなら鍛えなければならないし、心が足りないのならそんな奴は放逐しなければならない。それで誰もいなくなったところで、チームに害をなすものが消えただけだ、と考えるしかない。それぐらいの覚悟を持ってやっているのではないのか。
 遠いところまで来て、これだけ酷いモノを見せられた客が罵声を飛ばすのは当然だ(しかも、人格を否定するような酷い野次が飛んだわけでもない)。それに最年長の選手がキレているようでは、甘えがある、と見做されても反論はできまい。戦って、出し尽くした上でならいいが、そうではなかったのは誰の目にも明らかだ。その上、論評に値しないような失点を2度もする。こんな代物に彼は拍手が欲しかったのか?そういう態度こそがこのチームが抱える病巣そのものだ。
 ミッドウィークに向けて、切り替える必要などない。とことん落ち込んで、何が悪かったのか、何が足りなかったのかを内省して、徳島に挑まなければならない。何も内容のないゲームで2つ勝ったぐらいでいい気になるなんて、論外だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »