« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »

2013J2#20 札幌4-0岐阜@厚別競技場

 ピッチコンディションも気にならない程度まで回復したようで、受ける動きがあったことでボールを動かすまではできていた。クサビがあまりに雑でファイナルサードが手詰まりになるのは改善の必要があるが、先制するまでは悪くなかった。
 ただ、相手が下らないミスを連発したことでナメたのか、その直後あたりから急に運動量とインテンシティーが消え失せ、岐阜が20分で犯してきたことをわざわざお返しし始めたのはどういうことか。心身のスイッチを切ったかのようにセカンドボールを失い続け、エリア内でフリーの選手が続出するようでは、そんな真似をする資格はないし、相手やフットボールへの敬意を欠いていたと言うほかない。そもそも逆転される可能性すらあったのだ。スペインやタヒチの選手が寸秒たりともこんな態度を取ったか? 彼らのように正しくゲームに向かい合わなければならない。また、そうでなければ上手くもならないだろう。
 大量点は相手からのプレゼントでしかない。スコアに見合わない内容であったことは選手も自覚しているはずだ。次節に向け、もう一度真摯にトレーニングを積み、ゲームに臨まなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月9日 - 2013年6月15日 | トップページ | 2013年6月30日 - 2013年7月6日 »