« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013J2#17 横浜FC0-2札幌@ニッパツ三ツ沢球技場

 前田がこれまでのゲームほど下がってこず、相手の最終ラインの間で受けたり裏への動きを繰り返したことでバイタルエリアにスペースができ、札幌の2列目の選手がそこを自由に使うことができた。ただホームポジションがサイドの砂川や荒野がどんどんポジションを崩して中に入ってきたことでボール回しはスムーズになったが、失ったときの切り替えが間に合わず、サイドのスペースを好き放題使われることになった。これを質を追求する上でのリスクとみなすか、サイドを動かさないようにしてスペースを消すかはベンチの判断だ。例えば荒野が40メートル走って戻るより深井が20メートル走って埋められるのであれば、それでボールサイドを消すことを考える方が生産的ではあろう。その辺のカバーリングの関係性が曖昧だったことで最終ラインが個人で守らざるを得ない状況が頻発した。この相手ですら厳しいのだからレアンドロや家長では止められないだろう。明確な約束事を決めておく必要がある。
 狭いところに集まってボールを動かして、相手を寄せた上で広いところに展開する、という意思は明確だったし、その中で出すべきところを狙ってミスが出ることは致し方ない。ただその後のトランジション、カバーリングはしっかりすべきだ。相手がお付き合いしてしょうもないパスミスを繰り返したおかげで大いに助かったが、そこが緩かった、ないしは個人でいく場面が多かったことで最終ラインが再三危険にさらされた。状況を見ながらディレイするのか、奪いにいくのかを考えなければならない。
 終盤、何度もカウンターのチャンスがあったのにせいぜい2人程度しか上がってこないで自ら選択肢をなくし続けたことも改善する必要がある。せめてもう1人上がってくればパスコースも増やせたし、ボールホルダーにも余裕が生まれただろう。彼我の力関係を考えればもっと出てきても良かったし、取ればゲームを決められる、という意識を持っていれば苦しくても足は動いたはずだ。怖がりながら頑張る、というのがこのチームの「文化」かもしれないが、それで痛い目に遭うことの方がはるかに多い以上、どうすべきかは明らかだ。
 指針があれば、そこにある程度沿ってプレーできることはここまでのゲームでも証明された。あとは、相手を見て、味方を見て、何となれば指示を捨てるぐらいの判断力が求められる。それを捨て続けてきたから、今の札幌、今のJリーグがあるのだ。突き抜けたいのなら、頭を使わなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013J2#16 札幌0-1水戸@厚別競技場

 読みにくい強風の中、あれだけハイボールを蹴って、何をしたかったのか。上原を生かそうとしたのかもしれないが、彼が競れるところに蹴らないと意味がない。それなら立ち上がりのようにサイドに散らして、ゴール前で高さを生かす試みを続けるべきだった。だいたい、このコンディションで正確なロングボールを蹴れるぐらいなら普段からもっとまともなプレーができるはずだから、ただ単に何も考えていない(その能力がない)だけだろう。
 その上、集中力のないプレーでボールを失い続け、球際でことごとく負け続ける。しかも走らない、とあっては公にするには憚られるような台詞で罵られても文句は言えまい。何もしていないのを通り越して相手を利するばかりだったのだから、下を向く資格すらない。久々に戻ってきた河合も、(本人のプレーはともかく)覇気のなさに驚いたに違いない。
 ホームでこれだけ無様なゲームを繰り返すからには、何らかの覚悟があるのだろう。チームを潰して、とっとと逃げ出したいのか?こんなプレーを続けていたら、路頭に迷うだけだ、ということから教えてあげないといけないのか?「サッカーファミリー」だの「希望」だの美辞麗句を並べている場合ではない。その客はすぐ逃げるものだ、という現実を理解しているのか?まずはクラブ全体に自分の給料の一部がどこから出ているのか、つまり、プロとは何か、というところから教育しなければならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »