« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »

2013J2#12 札幌0-1京都@札幌ドーム

 なぜ、交代のファーストチョイスが攻守にわたって最高のプレーを見せていた荒野だったのか。全体に運動量が落ち、セカンドボールが拾えなくなっていたあの時間帯、代えるべきは運動量が少なくミスしかしていなかった前田か、バヤリッツアにフィジカルで圧倒され続けていた榊、さもなくばゲームに関与できずにさまよっているばかりの岡本だったはずだ。結果論にはなるが、直後に岡本の軽率と形容するほかない守備から失点。ベンチの判断の拙さが浮き彫りになることとなった。ここまでの起用などからしても、先入観からくる「序列づけ」などとは無縁と見ていただけに、この交代策には疑問が残った。直後に岡本を交代させているだけになおさらだ。経験不足を露呈した、ということになるだろうか。
 失点までのプレーは、及第点をつけられるものだった。切り替えの速さ、縦パスの意識、フォロー。方向性としてはそう変わらないと思われる、しかも現体制での経験値でははるかに上回る相手を圧倒しており、足りなかったのはゴールだけ。これも前田や榊がもっと頑張るか走るかしていれば、どうにかなっていた可能性が高い。取れる時に取れなかったのが全て、ということだ。あれだけ飛ばせば後半に落ちたのは致し方ない部分もある。それを補うのがベンチの役目なのに、頓珍漢な交代策で状況を改善できなかったのは既述の通りだ。
 むしろ選手が例によって失点するや否や下を向いてしまったところにこそ問題がある。前に行くでも、放り込むでもなくただ呆然と突っ立っているだけ。誰か1人でも「俺が何とかしてやる」といった態度でプレーしてくれればいいが、どいつもこいつも「誰か何とかして」といった体で何もしない。モチベーションやモラールを疑われたとしても、文句は言えまい。このメンタリティーを克服しない限り、同じ事態を繰り返すことになるだろう。
 勝とうが負けようがどうでもいいが、戦い続ける姿勢を見せなければならない。こんな体たらくを続ければこのクラブは消滅する。それをいいことに移籍先を探したいのでもなければ、全身全霊を90分間に捧げなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013J2#11 札幌1-3熊本@厚別競技場

 ゲームを台無しにしたのが杉山であることは間違いない。ただ、スキルも判断力もないことはとっくに分かっているのだから、使った方の責任だ。少なくとも、ゲームがフットボールの体をなさなかった理由はそこにはない。
 むしろ、球際で負け続け、自陣深くでは軽率な対応まで付け加えた他の10人の方が罪は重い。走らない、戦わない。寒さが理由?相手はちゃんと走ってつないでいたのだから、言い訳の余地は皆無だ。
 大半のファンにとって「特別なゲーム」だからこそ、このコンディションの中で6000人もの観客が集まった。その意味を誰一人理解していなかったのだろう。その無神経さ、何も考えていなさが、ドームでも通す技術を持ち合わせていないハイボールを暴風雨の中で蹴り続けるなどという愚挙にも現れたのだ。
 せっかくの上げ潮ムードも、これで全てパーだ。自分たちで放棄した信頼は、何倍もやって、実際に姿勢を見せ続けないと取り戻せはしない。また、このチームの悪しき「伝統」を繰り返す気なのか。今度同じことをやったらクラブそのものが消滅する、という危機感を持たなければならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »