« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013J2#10 長崎0-0札幌@長崎県立総合運動公園陸上競技場

 日程を考えれば足が動かないのは当然だし、その中でもすべきことをやろうとはしていた。それだけに足が止まりかけた時間帯に前田と宮澤を前線に並べた策には疑問が残った。動きの少ない両選手が蓋をする形になって周囲の動きも止めてしまい、カウンターのスピードも上がらない。その状態を長い時間放置したことも(交代枠、コンディション等々あるにせよ)理解できなかった。
 もっとも、3バックのサイドをサイドチェンジで狙い、通すまでの精度は今までにはなかったもので、その先に厚みと量を加え切れなかったことが惜しまれる。中央を固めた相手を崩すにはもう一工夫欲しかった、ということでもある。散発的に見せたワンツーやミドルをもっと狙っていっても良かった。アイディアも出るようにはなってきているが、まだまだ足りない。もっと狙って、手数を出せるようになれば当たる回数も増えるはずだ。
 最終ラインは、このままだと崩壊を免れ得まい。お互いがお互いを見ていないから、方々にギャップやスペースが生まれたり、同サイドのCBとSBが同時に上がっていく、などという仰天もののシーンが出てきたりする。メンバーすらまだ固まっていない、というエクスキューズはあるにせよ、最低限の役割分担は明確にしておかなくてはならない。「J2だから」助かっている、ということを忘れるべきではない。これでは昨季までと大して変わりはない。
 それでも、10試合戦って、だいぶんグループとしての方向性、個々のタスクなどが整理されて、チームとしてまとまってきたように見える。今後はディテールを詰め、個々の質を上げていくことになるだろう。この段階としては悪くない、と言えるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »