« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013J2#5 福岡0-1札幌@レベルファイブスタジアム

 ミッドウィークにゲームがあった影響もあろうが、とりわけ前半は全く足が動いておらず、相手の素早いネガティブ・トランジションに手も足も出ないのは神戸戦と同じ。違ったのは福岡にどんな形でも決め切る個がなかったことだけだった。後半はラインを上げて戦おうという姿勢は見せたが、オンプレッシャーでボールを持ってプレーできるまでの質がまだ札幌の選手にない以上、状況がそう変わったわけではない。それでもポジションにとらわれず出ていければ出ていく、という姿勢がゴールに結びついた。攻撃面では非常に有効だった上原の飛び出し、昨季までであれば絶対にそこにいなかったであろう宮澤のフォロー。彼らだけでもこのシーンだけでもなかったし、チームとして明確なものが植えつけられつつあることを感じさせた。
 奈良の退場は余計だったが、リードしてからの戦い方も整理されていた。「伝統」の「全員守備」ではなく、極力自陣ゴールから遠い位置にボールを運んでキープしよう、というチームとしての意図がはっきり見えたし、実際に前田や宮澤がよく収めて、薄いながらフォローもある。追加点のチャンスすらつくり出していた。守備も個人の部分ではマークすべき相手が見えていなかったり、簡単に飛び込んでみたりと課題は多いが、チームとしてみれば、ほとんど組織も崩されておらず、ただ跳ね返すだけではなくなりつつある。意識付けがいかに重要か、ということだ。
 あとは、個々のレベルアップだ。次節は奈良が(ソンジンも?)使えない。CB不在の中、個ならトップクラスの相手に組織で対抗するのは当然として、それだけでは足りなくなる部分をどれだけ個人がカバーできるか。攻撃にしても組織や戦術は点を取ってはくれないのだから、もっと仕掛けやフィニッシュの意識が必要だ。早速の試金石となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »