« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »

2013J2#4 札幌1-2松本@札幌ドーム

 人を代えて、何をやりたいのかは見えた。ボールをしっかり持って、個人ではなくグループでランやポジションチェンジを駆使して崩していこう、という意図だ。それはうまくできていた。とかく矢面に立たされがちな前田や宮澤も5分の1、6分の1としてならば起点をつくるには十分な働きだったし、周囲の選手もホームポジションにとらわれることなく、できたスペースにどんどん入っていって相手に的を絞らせず、後列の上がりまで引き出していた。あとは崩しの局面での個の力やアイディア、精度だ。特に岡本はミスが多かったし、河合とソンジンを同サイドに置いたことによってそこでノッキングを起こしてテンポが悪化したことはフィニッシュワークに大きな影響を及ぼしていた。それでも可能性を感じさせる崩しは随所に見られたし、ゴールも左右に振り回して完全に崩した、見事なものだった。
 となれば、敗因は守備陣に求めるほかない。最初からラインコントロールが不安定で、流れの中でもセットプレーでもマーキングがなっていない。昨季までならいざ知らず、このゲームでは相手がまともにプレーしていなかったのだから、個人の問題だと言わざるを得ない。枚数は十分なのに中央で相手を離した1点目、それで下を向いて集中を切らして突っ立っているだけだった2点目、いずれも防げるものだったはずだ。とりわけソンジンは攻守ともに中途半端で、動き出しも戻りも遅く、サイドに大穴を開けていた。4試合まともな働きができていないのだから、本職の選手はいないのか、考慮すべきだ。
 何もないところからチームをつくっている以上、内容も結果も上に行ったり下に行ったりするのは致し方ない。無能を通り越して害しか及ぼさなかった前任者に4年も与えたのに、新体制の判断をたかだか4試合で下すのもフェアではない。試行錯誤する姿勢は受け入れるべきものだし、方向性も間違っていないはずだ。近視眼的に結果を求めるのではなく、長い目で―1シーズンもあれば、まともな指導者ならそれなりのチームに仕上げるはずだ―観察を続けていくべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013J2#3 神戸1-0札幌@ノエビアスタジアム

 横パス、バックパス、榊や前田にハイボール…。思考能力のなさを、またしても露呈してしまった。確かに最低限の約束事を守っていればある程度のゲームはできる。ただ勝つためには状況を見て、頭をフル回転させる必要がある。それを全員が心底理解しない限り、「惜しい」だの「内容は良かった」だの言われながらこんなゲームを延々と繰り返すことになるだろう。
 ボールを受ける動きがまったくない。サポートは?ポジションチェンジは?膠着したゲームを動かす気があるのなら、何かを試みるはずだ。誰かが無理をしなければならないところで責任逃れのプレーしかしないのだから、論外だ。
 守備でも、ボールを奪いに行く姿勢が見られず、個人しか拠り所がない相手に何度もボックスへの侵入を許していた。人が代わったらできない、ではチームとはいえない。このゲームに出ていた選手がファーストチョイスになれなかった理由がよく分かった。キャンプで何をやってきたのか。何で自分が使ってもらえないのか理解しているのか。判で押したように腑の抜けた体たらくをさらし続けている前田も含め、メンバーの入れ替えを考慮すべきかもしれない。あれでもまだマシな方だ、というのならこのチーム、もはやここまでだ。
 できなくてもいい。やろうとしなければならない。結果云々以前に、必要なのは姿勢だ。こんなゲームを続けていたら、せっかくおぼろげながら見えてきていた「生まれ変わる決意」も画餅に帰しかねない。選手自身にその気があるのかが、まさに問われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »