« 2013シーズン総括(GK&DF編) | トップページ | 2014J2#1 磐田0-1札幌@ヤマハスタジアム »

2013シーズン総括(MF&FW編)

MF#4 河合 竜二
 故障が多く、コンディションが悪い時期には最終ラインに吸収されるぐらいまで下がってしまい混乱をもたらすこともあったが、いい状態であれば奪いにもいけるし、カバーもできる。さすがの存在感だった。ただ、攻撃面では受けるのはいいがその先の判断が遅い上にミスも多く、しばしば流れをノッキングさせていた。今更上手くもならないだろうから、コンビを組む選手との役割分担をもう少し明確にすべきかもしれない。

FW#7 榊 翔太
 たとえボールが出てこなくても、味方が気づくまで裏を狙い続けるのが最大の武器であり、ユース時代もはるかに支配率の高い中でそれを実践できていた。何を迷ったのか、それを忘れてしまったのが停滞の原因。相手の前で止まって右往左往していては怖さは皆無だ。要らないことは考えなくていいから走りまくること。原点を思い出さなくてはならない。

MF#8 砂川 誠
 もともと技術のある選手がフットボールの何たるかを完全に理解すれば、こうなる。的確なポジショニングにパスワーク。前線をオーガナイズしていたのは、間違いなく彼だ。今こそがキャリアの最盛期だろう。守備でも概ね忠実にプレーしていた。

MF#10 宮澤 裕樹
 飛び出しの意識こそやや強まったが、全般的には相変わらず。数試合に1回、唸らされるようなプレーを披露するが、それを試合単位どころか分単位でも続けられない。これほど存在感の薄いレギュラーもそうはいまい。上里や深井が戻ってくれば、ポジションが危うい。その危機感をピッチで表す日は来るのだろうか。

FW#11 前田 俊介
 最初は今まで通りの自分勝手な気分屋だったが、中盤過ぎあたりからそういったプレーが減り、チームのためにプレーしよう、という意識が見えてきた。そうなればキープもパスも一級品。感覚さえ合えば即座に決定機を創出できる。その頻度を増やしていくことが課題になるだろう。守備もしようとはしていた。相手の意図が読めるので、見事なボール奪取も何度か見せた。ボールを持てることを考えればそれでも十分だろう。

FW#13 内村 圭宏
 受けてポイントをつくって、飛び出して…チームがどんな状態であっても攻撃の流れをつくり続けた。常にある程度以上のパフォーマンスを続けた結果が、この得点数に表れている。精力的なフォアチェックでも貢献した。

MF#17 岡本 賢明
 ゴールへの意識を強め、実際に結果も残して定位置を得かけたが、例によって故障に阻まれた。加えて技量とは釣り合わないパーソナリティーの弱さが波の大きさにつながり、レギュラー定着を妨げていたことも否めない。ただ、最終盤のプレーからは気持ちが伝わってきた。それを熊本でも発揮し続ければ、ブレイクアウトの可能性もある。いつまでも「やんちゃ坊主」ではいられまい。

MF#18 深井 一希
 本来の持ち味は、人にもスペースにも強い守備力。フィジカル不足でそれを発揮できなかったことで、技術ばかりに注目が集まった感がある。無理をさせてまで首脳陣が使いたがるほどの才能に疑いはない。ともかく怪我を治すことだ。

FW#19 レ コン ビン
 ずっと「王様」としてやってきただけに、攻守ともに戦術的にプレーすることが全くできず、見せ場はセットプレーのみ。キッカーを買って出るパーソナリティーをオープンプレーでは発揮できずじまいだった。個人能力も違いを生み出せるレベルではなく、「銭力」としての期待ばかりが先行して使われていたように見えた。ここで続けるのなら、何もかもを変えなくてはならない。その覚悟はあるのか。ベトナムで中継がある試合に限って不必要にハッスルして味方の邪魔をしているようでは、前途多難だが…。

MF#20 上里 一将
 キックや対人の強さといった長所はそのままに不用意なプレーがなくなり、散らすだけではなくキープも織り交ぜながら時間や味方の動きもコントロールできるようになった。ついに生きていく道を見つけたようだ。それだけに離脱は痛恨だった。

FW#22 三上 陽輔
 いいタイミングで顔を出してキープし、周囲を動かせるワントップとして瞬間的に輝きを放ったが、なぜかフェホと差し替えられてサイドに回され、そのまま存在感を失った。守備への献身性も含めてピッチ上に理由を探すのが難しい以上、外に原因があったと考えるほかない。すべきことはただひとつ、見返すことだ。

MF#24 荒野 拓馬
 稀有な存在である、走れて、戦えるテクニシャン。打開力も持ち合わせており、前線に絡めなくても前田やフェホの分まで守備で寄与するなどトータルの貢献度はトップクラスだった。今季はレギュラー1年目ゆえにがむしゃらさが目立ったが、来季以降は周りを見て、戻るところは戻り、残るところは残って得点を狙う、ぐらいの思い切りが欲しい。状況を見極める力は十分に持っているはずだ。

MF#31 堀米 悠斗
 持ち味である闘争心と運動量は十分に発揮した。このタイプにしては珍しく狭いゾーンでも困らないだけの技術と戦術眼も持ち合わせており、60分ぐらいならレギュラーに匹敵する働きを見せた。課題はもちろん、あと30分続けるためのフィジカルだ。

FW#35 フェホ
 大きさとストライドが生きる突破はモンスター級だが、視野が狭いので味方を使えず、ゴールしか見えていないのに技術は低い。ヘディングも最初だけは相手が警戒してくれるが跳ぶタイミングや体の使い方が悪いのですぐ地金が表れる。当然のように最後はカウンターとパワープレー要員に成り下がった。すぐ頭に血が上ることも含め、まずインテリジェンスから身につける必要がある。

|

« 2013シーズン総括(GK&DF編) | トップページ | 2014J2#1 磐田0-1札幌@ヤマハスタジアム »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/58738330

この記事へのトラックバック一覧です: 2013シーズン総括(MF&FW編):

« 2013シーズン総括(GK&DF編) | トップページ | 2014J2#1 磐田0-1札幌@ヤマハスタジアム »