« 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2013J2#29 G大阪3-0札幌@万博記念競技場 »

2013J2#28 札幌2-0横浜FC@厚別競技場

デメリット:(1)技術や思考能力に問題があり、味方にスペースも時間も提供できない(2)ネガティヴ・トランジションが遅く、相手にプレッシャーをかけられない(3)よって、後ろの選手にその負担が全て回る
メリット:(1)イーブンボールに競る意識はあるので、巨体を利して奪えればチャンスになる(2)…
 
 前節に続き、リズムは壊れたままだった。中央を経由できないビルドアップからひたすら(ヘディングが得手とはいえない)197センチ目掛けてハイクロスを放り込むばかり。あまつさえそのターゲット自身がゴール前にいなかったりするのだから、当然、守備が動いてくれるはずもない。このチーム伝統の「誰かに丸投げ」を復活させようというのなら、(相手にとって)大いに賀すべきことだ。せっかく自分たちがプレーすることによって相手に何もさせない術を得つつあったのに、わざわざそれを破壊して、勝手に限界を感じたのだろうか。まったくおめでたいことだ。
 攻撃面では内村が何から何まで関与しなければ回らないようになり、トップが必要なところにいないから周囲が動くに動けない。当然グループでのキープなぞできるはずもなく、簡単に失ってはゾーンを上げられず人のいないところを簡単に使われて運ばれる。後ろもたまったものではない。個も組織も質が高いわけではないのをチームディフェンスで補ってきた、その前提が消えたのだからバタつくのは当然だ。失点しなかったのはラッキーにすぎない。
 何もかもを壊してまで使うだけの能力がフェホにあるようには見えない。理由は国籍か?かかった金か?あらぬ詮索だというのなら、早急に元に戻し、まともなプレーを追求すべきだ。フロントともども「勝てば何でもいい」とでも思っているのなら、とんでもない勘違いだ。幸か不幸か、痛い目に遭いかねない機会が目前に迫っている。殴られるまで目を覚まさないのか、その前に過ちに気づくのか。この1週間が分岐点だ。

|

« 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2013J2#29 G大阪3-0札幌@万博記念競技場 »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/57973400

この記事へのトラックバック一覧です: 2013J2#28 札幌2-0横浜FC@厚別競技場:

« 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 | トップページ | 2013J2#29 G大阪3-0札幌@万博記念競技場 »