« 2013J2#25 松本2-4札幌@松本平広域公園総合球技場 | トップページ | 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 »

2013J2#26 札幌3-0鳥取@札幌ドーム

 相手の質があまりに低過ぎたので、スコアは参考にならない。着目すべきは、ハイパフォーマンスを見せたメンバーをまたしても入れ替えたことに何の意図があったのか、ということだ。考えられるのは、中盤としての素養も持ち合わせる三上の、枚数が明らかに足りないサイドハーフとしてのテスト。また、彼のバックアップとなるCF、といったところだろう。
 後者に関しては、明らかに失敗だった。前線に自分のタイミングでしかプレーしない選手を2人並べたことで、前田か内村の間合いでしかプレーが展開しない。特に前田は相変わらず自分のやりたいことしかしないので、周囲とまったくかみ合わない。受けにも出てこなければ、受けても独善的なプレーで周囲を使おうともせず、勝手にコケてチャンスを潰す。内村もそこまでではなくても、後ろが出したいタイミングで顔を出さないから、周りも動けず攻撃が流れない。縦パスを入れるに入れられず下げてばかりだった上里や宮澤は「とっとと三上に戻してくれよ」と思っていたに違いない。前者については及第点だが、CF候補が質の低さを露呈した以上、もはや三上の中盤はありえないだろう。
 それでも、偶々にせよコンビが合った数回を得点に結びつけたあたりは、チームの成熟を示している。最初はまったく絡めなかった三上も、強引にでも前線に顔を出すようにしてからはラストパスを受けられるようになり、そのうちの1回がゴールにつながった。ただ全般にスローダウンする局面が多く、ダイナミズムも乏しかった。わざわざ勝ったチームをいじるリスクを冒したことが成功したとは言いかねる。この相手なら、前節のメンバーであれば倍取っていてもおかしくなかった。相手に助けられただけ。そう言っても差し支えなかろう。
 今後、どこにベースを置いていくのか。トレーニングを見ても、基軸は三上と荒野のコンビネーションのはずだ。そこがうまくいっている以上、前田や内村はそれに合わせなければならない立場だ。それを選手に分からせるのも、コーチングスタッフの仕事だ。この日のようなプレーを許容し、甘やかし続けるようなら、先はない。まして無条件に、順繰りに出番を与えているようでは誰も納得しないだろう。本気で勝ちたいのなら、無為な「実験」をしている暇などないはずだ。

|

« 2013J2#25 松本2-4札幌@松本平広域公園総合球技場 | トップページ | 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/57876401

この記事へのトラックバック一覧です: 2013J2#26 札幌3-0鳥取@札幌ドーム:

« 2013J2#25 松本2-4札幌@松本平広域公園総合球技場 | トップページ | 2013J2#27 富山3-1札幌@富山県総合運動公園陸上競技場 »