« 2013J2#21 群馬2-0札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2013J2#23 札幌3-0福岡@厚別競技場 »

2013J2#22 徳島1-0札幌@ポカリスエットスタジアム

 攻めない、守らない、走らない、戦わない。まるで昨季までに戻ったかのようだった。そんなにサッカーがしたくないのなら、いつ辞めていただいても結構だ。気の抜けた戦いぶりを経験不足のせいにして言い逃れようとした上里にも一言言っておこう。一番気持ちが出ていたのは、おのおの2試合目の堀米と工藤だ。本人はさておき、他の経験とやらをお持ちの連中が何をしたというのか。小手先ばかりのアリバイディフェンス、エリア内で相手がフリーでシュートを打つのをボケッと眺める集中力のなさ、無駄なラフプレーによる退場・・・「経験不足」の彼らには見習ってほしくない代物ばかりだ。
 収穫もなかったわけではない。堀米がセンターハーフに投入されてからは、受けて、動いて、飛び出して、という動きを繰り返したことで流れが明らかに変わった。入れ込み過ぎだったブラジル人が愚かなファウルを犯していなくならなければ、ひょっとしたら勝ち点を得ることができたかもしれない。裏返せば、そのポジションで先発した選手は何もしなかった、ということだ。ただ、宮澤がここに向いていないことは前任の監督が4年間かけて完璧に証明してきたこと。つまり使った方の責任だ。
 さらにベンチが犯した過ちを指弾するなら、交代の順番が滅茶苦茶だった。ハーフタイムで交代をすることに異存はないが、ボールが出てこなかったにせよ裏へのランを繰り返していた荒野を下げたことで、余計にボールが回らなくなった。前半により何もしていなかったのは前述の宮澤か砂川だった。結局砂川をセンターに回しても何も変わらず、3枚目の交代だけが有効策となったが、20分(実質的には5分強だったが)では時間が足りな過ぎた。指導者も育成途上とはいえ、最近は当初より思い切りが悪くなり、年齢の順に代えているように見える。結果が伴わないことで迷いもあるのだろうが、このチームにおいては何の当てにもならない「経験」より、プレーの質を唯一の判断材料としなければならない。
 監督まで昨年以前に戻っているのでなければ、何らかの策は打たれるはずだ。この2試合、梅雨時の内地にもかかわらず高いとはいえない気温、そこそこの湿度-というコンディションに恵まれたのに何もしなかった連中は、当然外れるべきだ。逆に堀米や工藤にはもっと時間を与えなくてはならない。ここで大きな変化がないようであれば、このままズルズル落ちていくことを決意した、ということになるだろう。

|

« 2013J2#21 群馬2-0札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2013J2#23 札幌3-0福岡@厚別競技場 »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/57719332

この記事へのトラックバック一覧です: 2013J2#22 徳島1-0札幌@ポカリスエットスタジアム:

« 2013J2#21 群馬2-0札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2013J2#23 札幌3-0福岡@厚別競技場 »