« 2013J2#17 横浜FC0-2札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | トレーニングゲーム 札幌-広島 »

2013J2#18 愛媛3-2札幌@ニンジニアスタジアム

 暑さを意識して抑え目に―という意図もあったのだろうが、抑え過ぎて全般に運動量が少ない。そこに拍車をかけたのはベンチで、宮澤と前田を前線に並べたことで2枚が中央に鎮座して蓋をしてしまい、前節に見られた2列目の流動性が消えてしまった。宮澤にモビリティーを求めること自体が間違っているのだから、使った方の責任だ。後半は後半でその2人を代えたら今度は縦に急ぐばかりで周囲を使えない。ポイントをつくってじっくり攻めることを志向するのなら、少なくとも基点としては機能していた前田を代えた理由が分からない。故障等があったにせよ、うまくいった形をわざわざ破壊するような起用に肯定的な評価を下すわけにはいかない。
 攻撃も酷かったが、守備に至っては筆舌に尽くしがたい代物だった。セットプレーでボールを動かされるとボールばかり見て簡単にマークを外す、最終的にはロングボールしかないのにボールはおろか人も見ていない。ここまでのゲームの総ざらえのような形で失点を重ねた。奈良や深井はそれに加えて自陣深くで簡単にボールを失い続け、相手に決定機を提供する始末。持って外せるのならどんどんやっても構わないが、詰められるや否やボールを手放すようなレベルのくせに持つのはただの自殺行為だ。身の程を知らなくてはならない。簡単にさばいてリズムを作る、というビルドアップの最低限もできていなかった。イニエスタにでもなったつもりなのかもしれないが、真似するのならまず思考回路からだ。どの局面で何をすべきか、完璧に理解してからサーカスプレーは試みるものだ。上っ面だけなぞっても百害あって一理なしである。
 何もかもが甘い。失敗に学んでいない。「暑いから走れない」と言うのなら荒野を見るがいい。上手い奴が一番走っている。その事実を見て何を感じるのか。前田ですらネガティヴ・トランジションで奪いにいくのに若い選手が突っ立ったままで下らないミスばかり犯す。「出ているだけで満足」という「札幌病」の始まりだ。五分以下でいいなら結構。そんな奴はこちらから願い下げだ。観たいのは勝つために必死に戦う姿、それだけだ。

|

« 2013J2#17 横浜FC0-2札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | トレーニングゲーム 札幌-広島 »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/57551060

この記事へのトラックバック一覧です: 2013J2#18 愛媛3-2札幌@ニンジニアスタジアム:

« 2013J2#17 横浜FC0-2札幌@ニッパツ三ツ沢球技場 | トップページ | トレーニングゲーム 札幌-広島 »