« 2013J2#18 愛媛3-2札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2013J2#19 札幌1-0富山@厚別競技場 »

トレーニングゲーム 札幌-広島

*ほぼパス&ランだけでビルドアップからフィニッシュまで成立させていた相手を見て、札幌の選手が何を感じたか。受ける動きがあまりに乏しいから無駄なドリブルが入り、手詰まりになっては通るはずのないコースを狙ってカットされる。顔を出しているつもりなのかもしれないが、わざわざ相手の陰に隠れている選手も散見された。目指しているところは広島とそう変わらないはずだ。いい教科書としなくてはならない。

*広島の攻撃が至極シンプルに見えたのは、札幌の守備が単純だからでもある。前から奪いにいくのは大いに結構。ただ、後ろがその次を何も考えていないから、ゲームメーカーの青山の周囲には常に数メートル四方ぐらいのスペースがあった。彼が足を使って浮く努力を怠っていなかったにしても、あれだけ誰も見ていないのではインテリジェンスとディシプリンの欠如を指摘されても反論できまい。

*ボールしか見ない対応も相変わらず。まして広島のようにマイボールになるやストッパーまで出てくるチームだと、当該サイドで1対2、中央で2対2、ファーで2人フリー、なんて状況が頻発した。ポジションレスで攻めたい意図はわかるが、どこかでバランスを意識していないとこういうことになる。ただ、いるべきところに人がいないのは確かに問題だが、それを誰も埋めようとしないのはもっと問題だ。また愛媛戦同様にトランジションが絶望的にのろかったことも看過できない。2本目を見ればレギュラー連中が緊張感を失うのもわからないではないが、自分らがチンタラやれば色々な部分に影響が及ぶ、という自覚は持っていてもらわないと困る。

*横野は何をしたかったのか。ズルズル下がってきては簡単に失ってカウンターの起点になるばかり。彼の仕事は相手の最終ラインをコントロールしてバイタルエリアにスペースをつくることのはずだ。フォローが皆無だったことは同情すべきだが、だからといってそこで勝てないから下がります、では出ている意味がないし、そうされても邪魔なだけだ。運動量も少なかったし、置かれた立場を理解しているようには見えなかった。

*ひょっとしたら、こんな内容でもリーグ戦に戻ればそれなりに勝負になるのかもしれない。それでは上を見る資格がない、ということに何人が気付いたか。言われてその場で終わり、という浅はかさこそがこのチームの「歴史」そのものだ。いい加減、変わらなければならない。

|

« 2013J2#18 愛媛3-2札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2013J2#19 札幌1-0富山@厚別競技場 »

Consadole2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/57582267

この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングゲーム 札幌-広島:

« 2013J2#18 愛媛3-2札幌@ニンジニアスタジアム | トップページ | 2013J2#19 札幌1-0富山@厚別競技場 »