« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »

EURO2012 Best11

Iker Casillas(Spain#1)
 チームが常に支配していたことで守備機会自体は多くなかったが、訪れた決定機は悉くシャットアウト。存在感は十分だった。

Philipp Lahm(Germany#16)
 常に自分が何をすべきか理解しており、攻守にわたってあらゆる局面でチームに貢献した。ギリシャ戦で重苦しい雰囲気の中叩き込んだミドルはその象徴。

Sergio Ramos(Spain#15)
 空中戦の強さは圧巻。ポジショニングも的確で相手の苦し紛れのロングボールを片っ端から撥ね返し続けた。正確なロングパスもビルドアップに変化を与えていた。

Mats Hummels(Germany#5)
 無理をせずにボールも奪える守備もいいが、プレッシャーがかかっていても質の高いクサビやサイドチェンジを繰り出せる足技とパス能力は超一流。ドイツの攻撃に新たな側面をもたらした。

Jordi Alba(Spain#18)
 追随を許さないスピードとそれを続けられるスタミナを存分に披露した。わずかなタイミングを逃さずゴールを演出したフランス戦、延長で相手を翻弄し続けた準決勝。決勝に至っては素晴らしいランとトラップでゴールまで決めてみせた。

Xabi Alonso(Spain#14)
 ハイライトは滅多に見せない飛び出しなどで2点を挙げたフランス戦だろうが、大会を通して危ないところを確実に消す守備、正確極まりない長短のパスでチームを支えた。

Andrea Pirlo(Italy#21)
 件の”クッキアイオ”が白眉ということになろうが、新しいアッズーリの象徴としてボールを受け続け、殺傷力の高いパスを前線やサイドに供給し続けた。

Daniele De Rossi(Italy#16)
 最終ラインでも中盤でも正確なパスでビルドアップの局面においてピルロをよく助け、守備でも素晴らしい読みとハードな当たりで質の高さを見せつけた。

Andrés Iniesta(Spain#6)
 明らかに、一人だけいる世界が違った。持てる、運べる、出せる。彼を止めるにはファウルですら十分ではない。触れることすら許さないプレーも数多くあった。

Riccardo Montolivo(Italy#18)
 豊富な運動量で後ろと前をつなぎ、高い位置では決定的なスルーパスも再三繰り出した。もうひとつ前に出られれば、チームの結果自体が変わっていたかもしれない。

Václav Pilař(Czech Rep.#14)
 群を抜く速さと技術で左サイドを制圧。タレント不足と謂われたチェコに違いをもたらした。斜めに走って裏を取るプレーでも相手を悩ませ続けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO2012 Final(7/01)

Spain 4-0 Italia
 イタリアもまた、中盤をコンパクトに保ってハードプレスを仕掛けてきたが、スペインが手を焼いたのは5分程度。ほどなく、ほとんどないはずの隙間に次から次へと人とボールを送り込み、ラインをエリア付近まで押し下げてしまった。「本気を出した」と言っては語弊があろうが、パススピード、テンポ、人の動きと、ここまで見られなかった速さと精度を見せつけたのは事実だ。あっという間に先制すると、ゲームコントロールに入るのはいつもの姿。ただ、切り替えの守備が緩かったことと、ピルロにマークしづらい低い位置から散らされたことでサイドを破られるなど危険な場面もあった。後半もディ・ナターレに何度か裏を取られていたし、相手が負傷で1人減っていなければ失点していた可能性はゼロではなかった。それだけにジョルディ・アルバがサボらずに長い距離を走って挙げた2点目は結果的に大きかった。
 相手という相手が悉く対策を打ってくる中でもボールを持ち続けることでリスクを最小限に抑え、好機を逃さず勝ち切る姿は王者にふさわしいものだった。彼らのプレーを制限することはできても自分たちがプレーすることまで手が回らず、軍門に降り続けた各チームの姿が、ラ・ロハの強さを物語っている。クオリティーで上回るチームが現れない限り、スペインの天下は続くはずだ。
 不運もあったアッズーリだが、立ち上がり15分の時点で力の差は明らかだった。攻めに転じたように見える時間帯でも、結局は相手が使わせても構わないと考えている場所しか使えていないので、手数をかけた攻めは当然のように撥ね返され続け、サポート不足の前線は常に3、4人で囲まれる。結局、伝統のカウンターに活路を見出さざるを得なかった。
 デ・ロッシ、モントリーヴォと、ピルロの補佐役を増やしたことでボールを持てるようにはなった。ただ、その位置が低いことで前に行く人数が足りず、前線が孤立し続けたのも今大会のイタリアだった。「点を取るのはFW」というメンタリティーがあるのかもしれないが、そこを改善していかないとただ回せるだけのチームで終わりかねない。得意の飛び出しをまったく披露できなかったマルキージオが頻繁にフィニッシュに関与できるような形をつくり上げることが、プランデッリの次の仕事になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年9月23日 - 2012年9月29日 »