« 2012J2#10 町田0-1松本@町田市立陸上競技場 | トップページ | EURO2012 Group stage#1(6/08) »

なでしこリーグ2012#8 スペランツァFC大阪高槻0-2日テレ・ベレーザ@帯広の森陸上競技場

 [4-1-4-1]の形で低い位置にブロックをつくってきた高槻に対し、ベレーザはキープこそできるものの、縦パスを入れても常にストッパーとアンカーにトップが挟まれる形でなかなかポイントができず、また後ろで持っている時に前に4人いる形を取っていたが、その4人が相手の守備者の傍からまったく動かず、ボールを引き出す動きをしなかったことでむしろ高槻の最終ラインに守備の基点を与えているような状態。ベレーザのベンチが早々に小林を投入し、修正を図ったのは当然かつ適切だった。
 小林はまさに「生きた手本」。中盤に引いたり裏に出たり、幅広く動いてボールを受ける動きをすることで、伊藤、原ら周囲の流動性まで引き出した。もちろん、小林の動きに対応してそういうプレーができるのは彼女たちのインテリジェンスの高さの証。ベンチがいくらケツを叩いても、できる頭がなければそんな芸当はできない。
 それでも、高槻はクロスに好対応を見せていた奥田、両ストッパーの前で巧みにパスコースを消し続けた亀岡を中心に支配されこそすれ、決定機は与えていなかっただけに、横パスのミスから先制点を失ったのは痛かった。攻撃面では左SB浜田の突破や、2列目からの飛び出しなど、ところどころに見るべきものこそあったが、あくまで個人による単発で、例えば浜田が上がれば左SHの丸山はステイ。トップの選手は孤立し続けていたし、スコアが動いてもなお、守備時に穴をつくらないことを最優先していたのは明らかだった。戦略的にどう攻めるのかまでは手が回らなかったか。
 ゲーム中に色々なポジションに回っても破綻なくこなせる戦術能力の高さや、個々の技術力。規律を遵守する姿勢も印象的だった。「世界一」の代表チームを持つ国のリーグにふさわしいものを見せてもらった。

|

« 2012J2#10 町田0-1松本@町田市立陸上競技場 | トップページ | EURO2012 Group stage#1(6/08) »

Other Football」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/54867219

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこリーグ2012#8 スペランツァFC大阪高槻0-2日テレ・ベレーザ@帯広の森陸上競技場:

« 2012J2#10 町田0-1松本@町田市立陸上競技場 | トップページ | EURO2012 Group stage#1(6/08) »