« EURO2012 Quarter-finals(6/24) | トップページ | EURO2012 Semi-finals(6/28) »

EURO2012 Semi-finals(6/27)

Spain 0-0(4-2 on penalties) Portugal
 ポルトガルは前から積極的に奪いにいき、それを90分以上続けられたことで攻め込まれる時間帯を最小限に抑えることに成功した。ただ、R・メイレレスやモウティーニョがプレスに忙殺されたため、カウンターを仕掛けたくても攻め手はC・ロナウドの単独突破がメインにならざるを得ず、アウメイダもゴール前での視野の狭さ、落ち着きのなさを露呈するばかりで、狙い通りのゲームを遂行できた割に決定機は多くなかった。相手に合わせてプレーすることの限界を示した、とも言える。今大会を戦ってきた中で形になりつつある、中盤の攻守にわたるハードワークを基盤としたアグレッシヴなプレースタイルを突き詰めていけば、自分たちが主導権を握れるようにもなっていくだろう。
 日程の不利もあったか、足が動かずボールも動かない。普段なら2つ先に出るパスが1つ目にしか出せなければ、プレスの餌食になるのも当然だった。それでもスペインが連覇への挑戦権を得たのは、個々がマークやカバーを怠らず、ミスを連続させなかったことでピンチの芽を大きくしなかったからだ。華麗さの皮をめくったところにある、この忠実さこそが王者の強さの本質かもしれない。決勝に向けては、まずコンディションを回復させること。体さえ動けば、いつものパフォーマンスを取り戻せるはずだ。

|

« EURO2012 Quarter-finals(6/24) | トップページ | EURO2012 Semi-finals(6/28) »

EURO2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/55071217

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2012 Semi-finals(6/27):

« EURO2012 Quarter-finals(6/24) | トップページ | EURO2012 Semi-finals(6/28) »