« EURO2012 Semi-finals(6/27) | トップページ | EURO2012 Final(7/01) »

EURO2012 Semi-finals(6/28)

Italy 2-1 Germany
 レーヴが策に溺れた、と言うほかない。クロースが動き回ってポジションチェンジを誘発することでスピードやポジショニングに難のあるキエッリーニを攪乱しよう、という意図があっての起用だったのだろうが、あまりに彼が元の場所にいな過ぎたことでエジルが右に出っ放しになり、中央で受けられる選手が誰もいなくなってリズムをつくることができなかった。また守備面でも誰が戻るのか明確ではないから、ボアテンクが1人で見る形になった右サイドをカッサーノに自由に使われ、失点をも招くことになった。追う状況になると、ゲームコントロールの拙さがまた顔を覗かせる。彼我の力量、コンディションの差、時間帯。どれをとっても焦る理由などないのに単調な放り込みに終始し、守備は疎かになる。出し手も受け手もマークすることなく、カウンターとすら言えないような形で失った2点目が、彼らの精神状態を象徴していた。
 最も質の高いプレーをしたのがドイツであることは間違いない。ただ、自分たちから崩れる場面も多く、ベンチが選手を動かし過ぎてそれを助長した側面もあった。2年後、4年後も視野に入れてのことだろうが、メンタリティーやゲーム運びなど、勝たなければ身につかない強さもあるはずだ。多くのチームが過渡期にあった今大会は、それを手に入れる絶好のチャンスだったはずだが…。
 コンディションに不安があってもペース配分より自分たちのプレーをすることを優先して入り、動けるうちに相手の混乱に乗じて得点。交代策も先手、先手を打って守備を固めながら選手を休ませられた。イタリアにとっては、理想的な展開だった。もっとも、コンパクトな中ではボールをうまく回せていなかったし、ファイナル・サードの人数が足りないのも(途中から必要がなくなったとはいえ)変わっていない。今のスペインから得点するのは困難を極めるはずだが、正々堂々と戦えば何が起きるかわからないことはこのゲームで証明してみせた。積み上げてきたものを出し切ってぶつかっていくほかないだろう。

|

« EURO2012 Semi-finals(6/27) | トップページ | EURO2012 Final(7/01) »

EURO2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/55077812

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2012 Semi-finals(6/28):

« EURO2012 Semi-finals(6/27) | トップページ | EURO2012 Final(7/01) »