« EURO2012 Quarter-finals(6/21) | トップページ | EURO2012 Quarter-finals(6/23) »

EURO2012 Quarter-finals(6/22)

Germany 4-2 Greece
 ミドル、飛び出し、セットプレーと、引いた敵をやっつける博覧会のような取り方をしたドイツだが、果たして狙い通りだった、と言い切れるのか。少なくとも、レーヴとクローゼは考えを共有していたはずで、11番はバリケードの中にとどまることなく巧みに味方へスペースとボールを供給していた。ただ、そこに入っていく動きが何回あったか。常に人垣を前にしていたことは考慮するにしても、ロイスもシュールレも自分のプレーをしようとするので精一杯で、全体の流動性が引き出されていたとは言い難い。しかも、相手があまりにも出てこなかったからか、持っていれば何も起きないのに焦れて無理なボールを入れてプレゼントしてみたり、このレベルでは考えられないような集中を欠いたパスミスやボールロストも数多く犯した。オランダ戦でもこういった時間帯があったが、今回はその一つが失点につながった。戦況を見る目をさらに磨いていく必要があるだろう。もっとも、さしていい内容でなくても次には進んだ。若手に経験を積ませることもでき、彼らが結果も出した。精神的にはいいこと尽くめで、勢いに乗れる結果と言えよう。戦術的に多少の修正点はあるが、あと2つ。頂上がくっきり見えてきた。
 守るだけでカウンターすら仕掛けないチームがここにいる資格はない。ギリシャはそのことを証明しただけだった。攻撃を2人に「倍増」させた後半にミスを突いて追いつく強かさこそ見せたが、内容はレーハーゲル時代よりむしろ後退している。4試合を通して、見どころはF・サントスの采配だけだった。

|

« EURO2012 Quarter-finals(6/21) | トップページ | EURO2012 Quarter-finals(6/23) »

EURO2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/55031915

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2012 Quarter-finals(6/22):

« EURO2012 Quarter-finals(6/21) | トップページ | EURO2012 Quarter-finals(6/23) »