« EURO2012 Group stage#6(6/13) | トップページ | EURO2012 Group stage#8(6/15) »

EURO2012 Group stage#7(6/14)

Italy 1-1 Croatia
 やはり違う顔を見せたイタリア。2トップのコンビネーション、後列との関連性が格段に上がり、FWが下がったり開いたりすればマルキージオやピルロが前に出るし、最終ラインも積極的に攻撃に関与する姿勢を見せた。ただ、スペイン戦ほどピルロが自由にさせてもらえなかったことで前線への有効なパスが少なく、決定機自体は数えるほど。数的不利を執拗に突かれたアウトサイドが出ていけない時間帯が長かったことも影響した。より攻守に質が高くなるこれからの相手を考えれば、形を変えることも考慮すべきかもしれない。
 クロアチアは前半、サイドアタックから2トップ、という形で何度も好機があったのに、後半から前を減らしたことで的がなくなり、両サイドも前線に関与しようという姿勢が薄かったことで停滞を招いた。それでも相手のミス絡みで追いつくあたりは引き続き運があるようだが、次はスペイン。イタリアの経過とも駆け引きをしなければならない状況になるが、まず目の前の相手にどれだけ対処できるか。

Spain 4-0 Republic of Ireland
 うーん、フェルナンド・トーレス…。デルボスケにしてみれば、2点取ったんだから万々歳、といったところだろうが、裏に走る以外のことはほとんどせず、受け方ひとつとっても周囲のリズムと合っていない(感じる能力が足りない?)からボールを失いまくる。アイルランドにとって最も頼りになる「ディフェンダー」だと言ってもいいぐらいだった。確かに冬あたりからフィジカルコンディションは戻ってきているが、根本的にプレースタイルがこのチームに合わない、という問題もまた戻ってきてしまった。現状では疲れてきた相手を揺さぶるための途中起用でしか使い道はあるまい。指揮官は2年前の過ちをまた繰り返すのか。
 内容、結果については技術力、組織力の差を考えれば妥当なところだろう。あまりの実力差に気が抜けたか、名手たちにはあり得ないような変な失い方を何度もしたせいでネガティヴ・トランジションの速さについてしっかり意識付けされていることは確認できた。スペインにとってはいいトレーニングになったのではないか。
 アイルランドは初戦と違ってボールを奪いにいく気も攻める気もあったが、相手が悪かった。マイボールになるのは相手からのプレゼントにほぼ限られ、それも大半は2プレー以内に回収される。どうしようもなかった、と言うのが選手の本音だろう。戦い方を逆にしていれば、また違った結果が得られた可能性もあっただろうに、完全にプランニングを間違えたようだ。

|

« EURO2012 Group stage#6(6/13) | トップページ | EURO2012 Group stage#8(6/15) »

EURO2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/54966716

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2012 Group stage#7(6/14):

« EURO2012 Group stage#6(6/13) | トップページ | EURO2012 Group stage#8(6/15) »