« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

プレシーズンマッチ〝龍馬カップ〟 神戸2-1札幌@高知県春野総合運動公園陸上競技場

*近藤と内村が、ゴールに向かってプレーする、という極めて当たり前のことをしただけで、攻めの迫力は倍増した。特に近藤は確実なポストと突破で基点として大きな力になりそうだ(もう代役の存在を心配しなければならないほどに)。常に内村を意識してプレーしていたことも評価できる。それだけに彼に供給するボールに工夫がほしい。ロングボールばかりではもったいない。

*ボールが最終ラインにある際、サイドバックが前に出て、センターハーフが下がってビルドアップに参加する形をとっていたが、出す方も受ける方も戸惑い気味で、横パスを回した挙げ句に手詰まりのように誰でも出せるような球しか出てこない場面が目立った。従来より速く効果的な展開を目指しての策であろうから、もっとチーム全体の判断や動き出しを速くしていかないと守備のリスクが増えるだけで意味がない。

*そのCH陣では、宮澤のカバーリングの意識の高さが目についた。ボールも散らせていたし、高い位置に進出することも多かった。彼の場合はこれを継続してできるかどうかが課題になる。

*逆に上里は相方がこれだけ守備で頑張ってくれるのだから、もっと前に絡まなければならない。サイドチェンジだけで職務終了、というのでは困る。チーム全体のペースが落ちた終盤、真っ先に存在感がなくなったあたりも、あまり精神的に成長していない感じを受けた。キャプテンであろうがなかろうが、チームを牽引しなければならない立場であり、ポジションである、という自覚をプレーで示さなくてはならない。

*変わらざるもの。得点の直後に足と思考回路が停止する悪癖。相手は来るに決まっているのに、なぜ受けてバタつくのか。早めにプレスに行くなり、きっちりブロックをつくるなり、すべきことはいくらでもあるはずだ。

*近藤以外の新加入選手寸評。
藤山…前を狙う守備と正確なフィード、逆転された後に再三ドリブルで持ち上がるなどメンタルリーダーとしての存在感は見せたが、パワープレー主体のJ2でCBは難しいかもしれない。
リ ハンジェ…闘争心と激しさはあったが、SBとしては攻撃面でまだ連携不足。守備の動きは特に問題なかった。
内村…トップでは近藤との関係をまだ整理できていない印象で、同じ動きをしてみたり、重なってみたり。サイドの方が仕掛ける、飛び出すといった得意なプレーを出せていた。藤田が迷宮に入り込んだままの現状をみれば、こちらでの起用がメインか。
中山…まだフィジカル面で戦えるレベルに達していない。ただ、近藤の代わりを務められそうな可能性は見せた。どこかで彼を必要とする状況は発生するはず。そこに向けて調整してほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »