« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010J2#33 札幌1-0千葉@札幌ドーム

 千葉のミスなくして、この結果はなかった。中盤でミス、フィニッシュワークでミス。こちらの守備がまったく間に合っていなくても枠を外しまくり、高原に止められる。何かの弾みでやられる、典型的なパターンだった。
 札幌はといえば前半はプレスに慌てて蹴るばかりで、後半立ち上がりこそ何をすべきか思い出したかのように押し込んだが、前半に走らされていたツケが回って20分で足が止まる。そこからは前半の繰り返しだ。最終ラインもボールウオッチャーに思考停止と悪癖のオンパレードで、単純なクロス以外にはほとんど対応できていなかった。これでは勝てる道理があったとは、とても言えない。
 高原が言うように「前から来るのは分かっていた」のなら、サポートを速くしてプレスをかわすなど、対処する術もあったはずだ。それに、こういうゲームを取ると判で押したように「よく耐えた」「体を張った」という台詞が出てくるが、そうじゃないだろう。なぜ、そうなる前に防ぐためのプレーができないことを省みないのか。攻守ともに切り替えの時に、正しいポジションをまったく取れていない。だから何をやっても後手を踏み、簡単に運ばれ、攻め切る前に戻られる。この部分が、いつまでたっても成長していない。芳賀が3人いれば、そんなことを考える必要もないだろうが、1人しかいないところに限界以上の負荷をかけていることを、周囲の選手はいい加減自覚する必要がある。
 プロとして必要な意識、インテリジェンスが欠けたまま(インターナショナル・スタンダードに近いレベルのレフェリングに対応する気もなく転がり続けた数名の選手は特に猛省しなくてはならない)では、たとえモウリーニョやヒディンクを呼んできたところで状況は変わらないだろう。足りないのは技術や精神力だけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »