« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

2010J2#21 札幌2-0北九州@厚別競技場

 今までの前の選手たちがしてこなかったこと-裏へのラン、サポート、常にゴールを意識したプレー選択-をすれば、これだけのことができる。岡本は常にトップ脇やバイタルエリアのスペースで受けようとしていたし、内村はフィニッシュから逆算して動いていた。高木や古田にも共通するのは、ボールを簡単には失わず、前を向いて仕掛けていたこと。後ろや横ばかり見て簡単に失い、停滞を招いてきたキリノや近藤、宮澤がこれを見て何を思ったか。
 パスがズレても、あと1人を抜けなくても、ボックス近くや中でチャレンジし続けたから、1点目のような相手のミスや2点目のような美しい崩しが生まれたのだ。この姿勢を持ち続けなくてはならない。そろそろチームのベースを見つけなければならないし、このやり方に可能性があるのはワールドカップ・ブレイクの段階でわかっていたはずだ。「どうしても上里と宮澤を使いたい」とばかりに形を崩したのは監督自身なわけで、その愚を繰り返してはならない。内容の伴った結果を残した以上、このメンバーと方法論で当面はプレーさせるべきだ。ミスもちょっとした誤差が出ただけで意図自体は通じていたのだから、ゲームを重ねていけば、もっと円滑なコンビネーションが見られるはずだ(それだけに高木の愚行が勿体ないが)。
 守備でも前半はライン間が開き過ぎて簡単に攻め込まれてみたり、いくつか集中を欠いたプレーや戻りが遅い場面があったが、全般には切り替えが速かったし、ボールを奪いにいくことができていたので崩された場面は少なかった。誰かが出たときにスペースを埋める動きを怠ったことでピンチを招きかけたシーンがあったので、カバーリングの意識は徹底しておかなくてはならない。確かに芳賀は素晴らしかったが、彼にかかる負担が大き過ぎるゲームが続いている。人任せではなく、助け合う意識を持たなければならない。
 大事なのは、続けることだ。すぐ気を抜いて、自分から崩れ、勝手に自信を失うのは、このチームの悪しき伝統だ。手応えがあったのだから、前向きに課題に向き合うことができるはず。一丁前のプロとして認められたいのなら、いい加減フィードバックぐらいできることを示さなければならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »