« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010J2#18 千葉0-3札幌@フクダ電子アリーナ

 気持ちこそ入っていたが、特にこちらが何をしたというわけでもない。相手も何もせず、より多くの致命的なミスを犯したからこのスコアになった。札幌は早い時間に先制したことで受ける形になり、それを意図してやっているわけでもなく気持ちが後ろ向きになって下がっているだけだから、ボールを持った時のアイディアがないのは理の当然。適当に蹴るだけのニュージーランドのような攻撃と、どこで取りにいくのかが明確ではなく、後ろにばかり負担がかかるアルゼンチンのようなディフェンスをしても勝てるリーグに所属していることに感謝すべきかもしれない。
 中断期間中に、2列目にモビリティとテクニックを備えたアタッカーを並べてポジションチェンジを繰り返して攻める形が見えてきていたのに、そこに宮澤を入れて動きを止めた選手起用自体がまず不可解だった。彼は岡本と違って受けにも来ないし、突破もできない。持ち味のパスですら出すべきタイミングで出せず、簡単に失ってはチャンスを潰すばかり。ディフェンスではよく走っていたが、それは彼のタスクの中でプライオリティが最も高いものではない。結局、中断前と同じように何の意図も見られない、人任せのオフェンス(とすら言えるのかどうか…)に終始することになった。所詮、自分でつけた序列から脱することができない監督、ということなのか。
 最終ラインもまったく前からの連動性のない中で頑張ってはいたが、ボールウオッチャーになるシーンがあまりに多く、相手のミスに救われた感は否めない。CBがCFを離すなんてあり得べからざる事態が頻発するようでは話にならない。縦パスへのチャージも相変わらず甘いし、根本的に後ろを意識しすぎて状況判断することを怠り、相手と間合いを空け過ぎる。このレベルだから無事だっただけで、上で戦いたいと思っているのならもっと厳しいプレーを意識していく必要がある。
 つまり、1カ月前と何ひとつ変わっていない。一つ勝ったことでメンタルが変わることには期待できるが、こんな内容が続くようでは早晩、化けの皮は剥がれる。そうなる前に早急に守備の規律を整備し、どうすればいい攻めができるのか、ということについて選手起用から見直さなくてはならない。本気で昇格を目指しているのなら、どうすべきかは明白なはずだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »