« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »

2010J2#11 札幌0-0東京V@札幌ドーム

 ゴールに向かってプレーしていたし、精一杯走ってもいた。それでも何をしたいのか判然としない相手から得点できず、何度もピンチを招く。これが現状の力だということだ。
 確かにフォーメーションを変えたことでボール回しに参加できる人数が増え、ビルドアップは安定した。ただ、サポートの意識のない選手たちに3-5-2をやらせればアウトサイドに莫大な負担がかかるのは自明の理。実際、藤田あたりが守備に戻って間に合わない時に誰も前のフォローをしないことで攻撃が止まったシーンが何度もあった。しかも、足が止まれば余計にアウトサイドは出てこられなくなるから、攻めが形を成さなくなる。守備でも相手がミスを繰り返したことで結果という形では露見しなかったが、CBとアウトサイドの間にボールを入れられて前を向かれた時に、どうポジションを取ってどう守るのか、という部分が見えなかった。もっと質の高い相手なら好き放題やられていた可能性が高い。
 結局、どんなシステムを採用しようとプレーするのは選手である以上、「どこに動けばどうなる」「このスペースが危ない」といった戦術眼は求められる。根源的にそこが札幌の選手に欠けている上、今後のアウェイの気候を考えても、特定部分に負担のかかるこのシステムで今後も戦っていけるとは思えない。戻るべき場所を探し当てさせるために1試合半を費やした、と考えるべきだろう。「勝てればラッキー」程度の位置づけのゲームをつくれるような余裕が昇格を狙うチームにあるはずもないのだから、今季もまた「教育」に費やされる、という覚悟を持つ必要があるのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010J2#10 熊本0-0札幌@熊本市水前寺競技場

 甲府戦の反省は実にしっかりされていたようだ。中盤の枚数を相手に合わせる意図があったにしても、近藤の右サイドや、せっかくトップ下でうまくいきだしていた宮澤を中盤に下げたり、選手起用自体が意味不明だったが、それ以前にチームとしても個人としても前半は、オリジナルポジションに突っ立っているばかりで何かをしようという意図がなかった。まともな選手ばかりなら、当日に寄せ集めたチームでももっとマシなプレーをしたに違いない。中盤の守備が緩い上にライン間が間延びし、最終ラインが棒立ちでボールウオッチャーになるのも前節同様で、相手のフィニッシュワークの質が低かったから助かっただけだ。
 後半は後半でこれまでやってきたことを無視して、現在の混乱しきった札幌の選手でも対応できる、このゲームに勝つこと以外の目的がないような策を採ったにもかかわらず(挙句に中山を投入するまで前線のコンビネーションが存在しなかった。キャンプからの3カ月間、いったい何をやってきたのか)、点を取れなかった。これでは何も残らない。
 次も中2日。もはや監督の領域ではなく、選手が何を考えて、どうプレーするかだ。対応できなければ、先はない。90分間さまようだけで、何ひとつ頭を使えない連中が何をできるか。ちょっとプレッシャーがかかったぐらいでプレーすることを放棄する「プロ」が、自分たちの生活をかけて戦えるか、ということだ。勝たなくても選手の首は飛ばないだろうが、事実上、観客から見放されるはずだ。それでも次の職が保障されている、と思うのであれば、ここ数試合のような無気力プレーを繰り返すがいい。それでなくとも低い自らの商品価値をさらに貶めるだけだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »