« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2010J2#2 札幌0-3福岡@札幌ドーム

 早々に先制して、ブロックをつくった相手をどう攻略するか。そこの部分で、相手を広げようとするでも、ライン間のスペースに動くでもなく、カラーコーンよろしく突っ立っている足下に入れて奪われるか、出鱈目なロングボールを蹴るばかりではどうしようもない。後半、雷が落ちてからはできていたのだから、技術がないわけではない。相も変わらぬ思考レベルの低さ、幼稚さを露呈しただけだ。
 それより、点の取られ方が悪過ぎる。1点目は芳賀の軽い守備、上里のクリアミス。2点目は共通意識の全くないクイックリスタートで相手にボールをくれてやったところから始まった。3点目は西嶋の不用意極まりないプレー。それ以外にも下らないミスだらけだった。相手のプレスに慌てたこともあろうが、それ以前に明らかに集中を欠いたミスがあまりに多い。2点取られてからでも同じようにチンタラやっていたし、球際でも戦えていなかった。ゲームに臨む姿勢自体に問題があったと考えざるを得ない。札幌に戻ったことで緩みが出たのではないか。戦術や技術を云々する以前の話だ。
 これだけ入場料に値しないゲームを2万人の前でやらかしたのだから、次ぐらいは必死にやってくれるだろう。修正点はすべてだ。必死に戦い、頭を使い、まともなプレーをしなければ誰も納得しない。昨季から何も変わっていない、と思われたくなければ、内容の伴った結果を残さなければならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010J2#1 鳥栖1-1札幌@ベストアメニティスタジアム

 プレシーズンで露見した、ビルドアップが遅く、出すところがなくなってカウンターを食らう―という弱点を消すべく、ビルドアップ自体を省略して早めにトップに入れてそこへのサポートを厚くする、という戦略自体は、いくつかいいコンビネーションも見られたし、そこそこ上手くいっていたのではないか。前が厚ければプレッシャーもかけ易いのでトランジションも速かったし、そうなれば後ろも余裕を持って対応できる。特に相手がロングボール一辺倒だった前半は、ほとんど崩されなかったはずだ。
 後半、相手がサイドを広く使って揺さぶりをかけてきた時間帯に不必要に下がり過ぎて相手のやりたい放題になったのは、ずっと引きずっている問題点。ただ、内村や古田が低い位置からでも仕掛けてマイボールにしたり、セットプレーを取ったりしたことでまた流れを引き寄せ、上手い具合にゲームをコントロールすることができた。この部分は評価できる(より早い段階でできればもっと良かったが)。それだけに、セットプレーで集中を切らしたことが悔やまれる。近藤の足が止まり、内村も代えてしまった状態で、あの時間帯になれば守り切ることも視野に入れなければならない。それを後ろの人間がわかっていたのかどうか。あの対応の鈍さは、気の緩み、集中の欠如と指弾されたところで反論の余地のあるものではない。だいたい、昨年の天皇杯でも同じ目に遭っているではないか。甘い部分が顔をのぞかせた、ということだ。猛省しなければならない。
 このゲームのような戦い方は個で勝負できる近藤、内村あってこその策。これで押し通すつもりもあるまい。実際、サイドバックはほとんど攻撃に関与できなかったし、広い場所を使ってボールを落ち着かせれば十分な場面で蹴ってしまうなど、バランスの悪さも随所に見られた。1シーズン持つやり方ではないし、1年間やってきたこととも矛盾する。いわば緊急避難のはずだ。ボロが出る前に、どれだけ早く本来の方法論でチームを動かせるようになるか。それが今季の結果を左右するだろう。


追記:鳥栖のラフプレーは目に余るレベルだった。木谷も飯尾も、こちらの選手に対応できないものだから引っ張る、蹴る、のオンパレード。他の選手もレイトチャージやハイタックルを繰り返す。それを罰しないレフェリーも同罪だ。激しさと乱暴は異なるものだ。選手が壊されることを心配しながらゲームを見なければならないようでは、この国におけるフットボールの発展はない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »