« 2010シーズン総括(前編) | トップページ | 2011J2#1 愛媛2-0札幌@ニンジニアスタジアム »

2010シーズン総括(後編)

<GK>
#21 高原 寿康
 下らないミスがほとんど影を潜め、莫大な数の決定機を数知れないほど止めて空中分解していたチームを救い続けた。その代償が負傷という形になったことは無念でならない。彼と芳賀がいなければ、最下位を争っていてもおかしくなかった。この2人に対しては、チームは正当に報いる義務がある。


<DF>
 チームディフェンスがまったく存在せず、ほとんどダイレクトに相手の攻撃を受け続ける羽目に陥ったのは同情するほかないが、それにしても対敵動作の軽さ、ボールウォッチャーになる頻度の高さ、マーキングの緩さなど質の低さが目に付いた。肝心なところで体を張ることすらできないのだから、存在意義自体を疑われても文句は言えまい。前がもらおうとしないことを割り引いても、何の意図もない横パスを延々と回し続けて相手が戻って陣形を整える時間をつくってやってから、出鱈目に蹴ってボールまでプレゼントする親切さも相変わらずで、何の進歩も見られなかった、と評価するほかない。


<MF>
 受けようとしない、さばけない、飛び出さない、守備もしない。いくら規律がないといっても、やるのは自分たちなのだ。言われなければ何もしない(言われたら言われたでそれしかしない)、考えも戦いもしない、では勝てるはずがない。あまりに誰も何もしないものだから、芳賀が一人で全部やろうとする始末。何とかしようとしていたのは彼以外には古田と三上ぐらいだった。高木が入って多少はマシになったが、形になりだしたのは宮澤と上里が負傷したことによって砂川が加わってからとあっては、手遅れにも程があった。どうすればチームを動かせるのか、ゲームをコントロールできるのか。高木や砂川から他の選手が学ぶべきことは山ほどあるはず。口を開けて眺めていただけではないことを祈るばかりだ。

#18 芳賀 博信
 一人で中盤から最終ラインにかけて空きまくった穴を埋めようと奔走し続け、ボールを受けようとしない相方に代わって不得手な散らしもやらざるを得なかった。ついには前線に飛び出すことまで…。他の連中は、彼の足元に跪いて感謝の言葉を述べ、給料を差し出すべきだ。確かに技術的なミスは多かったが、それが何だというのだ。やろうとしてできなかったのだから、何もしようとしなかった奴らに比べればはるかに尊いし、意図や精度において徐々にではあっても進歩している。これを無駄働きに終わらせてはいけないことぐらい、周囲もいくら何でも理解しているだろう。


<FW>
 そもそも何をすべきなのかすら明確ではない中で、適当なロングボールばかり飛んできたり、欲しいタイミングでほとんど球が入ってこない状況では機能しなかったのも無理はない。ただ、ゴールを奪う、というこのポジションで最も意識しなければならないタスクへの意識があまりに低かったことも事実だ。ボックス周辺で前が空いたのにサイドに出したり、戻したりしているようではFWとはいえない。チャンスが少ないからこそ、もっと執念を見せなければならなかった。


※チームが機能しなかったことで評価が困難になった選手、それ以前に評価に値しないと考えた選手は割愛。

|

« 2010シーズン総括(前編) | トップページ | 2011J2#1 愛媛2-0札幌@ニンジニアスタジアム »

Consadole2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/50237670

この記事へのトラックバック一覧です: 2010シーズン総括(後編):

« 2010シーズン総括(前編) | トップページ | 2011J2#1 愛媛2-0札幌@ニンジニアスタジアム »