« 2010J2#27 柏5-1札幌@日立柏サッカー場 | トップページ | 2010J1#25 鹿島1-1清水@カシマスタジアム »

2010J2#28 札幌0-0岐阜@厚別競技場

 やはり、ピッチの中央にはフットボールを理解し、プレーできる者を置かなければならない。高木と、これまで重用されてきた選手の質の差が、そのままゲームの質の差となって現れた。ボールを引き出す、適切なサポートポジションを取る、さばいたら前に走る。守備でも必要なところに必ず顔を出す。センターハーフがすべきことをしただけで、攻守ともにまったく厚みが違った。最終ラインにもっと丁寧につなぐ意識があれば、より良いビルドアップが実現していただろう。上里や宮澤はこれを見て学ばなくてはならない。少なくとも、いかに自分たちが何もしていないに等しく、芳賀にとんでもない負担を強いていたか、ぐらいは理解してもらわないと困る。
 前線でも、横野がよく体を張ってポイントをつくった。技術的なミスはあったが、ボールとマーカーの間に体を入れて相手の狙う形では取らせないことで後ろのサポートも引き出していた。そのことによってネガティヴ・トランジションが速くなり、守備を助ける副産物も生んだ。内村や近藤にもっと彼に絡む意識があれば、より有効な攻めができたはずだ。
 また、本来なら特筆すべきことでも何でもないが、全員が最後までサボることなく走り切ったから、相手にチャンスらしいチャンスをほとんど与えず、ボックスに入れることすら許さなかったのだ。出場停止だった、自己満足の通りもしないパスを出しただけでプレーすることをすぐやめる某選手は、その事実についてよく考えなくてはならない。
 このゲームを見れば、高木と横野こそが、チームを前に進めるための重要なピースであることが容易に理解できるはずだ。深い位置では常にダブルマークがつくほど守備的な相手を、何度となく彼らが絡んだコンビネーションで崩した。最後のところでミスを繰り返してモノにできなかったにせよ、方法が間違っていなかったことは明白だ。名古屋で彼らが同じボジションに立っていないようであれば、あの監督にチームを率いる資格はない。

|

« 2010J2#27 柏5-1札幌@日立柏サッカー場 | トップページ | 2010J1#25 鹿島1-1清水@カシマスタジアム »

Consadole2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/49570296

この記事へのトラックバック一覧です: 2010J2#28 札幌0-0岐阜@厚別競技場 :

« 2010J2#27 柏5-1札幌@日立柏サッカー場 | トップページ | 2010J1#25 鹿島1-1清水@カシマスタジアム »