« 2010 FIFA World Cup South Africa:Final(7/11) | トップページ | 2010J2#18 千葉0-3札幌@フクダ電子アリーナ »

2010 FIFA World Cup South Africa:勝手にBest11

Iker Casillas(Spain#1)
 チームがリスクを冒して戦うことで数少ないピンチは決定機ばかりだったが、それをことごとくストップ。白眉は2度にわたってロッベンとの1対1を制したファイナルか。守備的な相手ばかりで得点を期待しづらいゲームが続いた中、このうち1本でも入れられていればスペインの優勝はなかったはずだ。


Jorge Fucile(Uruguay#4)
 普通のサイドバックとしても十分な仕事をしたが、それ以上に自分のサイドに相手選手がいるにもかかわらず捨てて、危険な中央のカバーに行く判断のスピードが素晴らしく、再三にわたり相手のチャンスを無に帰させた。
Gerard Pique(Spain#3)
 マークが厳しくスペースを与えてもらえないことが多かった中盤のフォローを常に意識し、鋭いクサビや正確なサイドチェンジを何度となく打ち込んでビルドアップを大いに助けた。読みと高さでフィニッシュに持ち込ませなかったディフェンスについては言うまでもない。
Lucio(Brazil#3)
 跳ね返すのみならず確実につなぎ、状況によってはドリブル突破すら辞さない。リードされているのにチーム全体が規律に縛られているように見えた中で唯一闘争心を前面に押し出して奪いにいき、周囲を鼓舞し続けたメンタリティーも特筆に価する。
長友佑都(Japan#5)
 速さと粘り強さで対面の名だたる選手たちを無力化し、絞ってのプレーも問題ない。機会こそ少なかったが上がればほとんどクロスかフィニッシュで終わらせるだけの技術や判断力を持ち合わせており、量だけの選手ではないと証明した。今大会の「発見」の一人と言っていいだろう。


Egidio Arevalo(Uruguay#17)
 前から奪いに行きながら中盤やバイタルエリアを幅広くカバーし、最終ラインが抜かれればその後ろに姿を現す。相棒のペレスともども、タフに戦い抜いた今大会のウルグアイを象徴する存在だった。あれだけハードにプレーしながらファウルをほとんど取られない技術は模範とすべきだ。
Bastian Schweinsteiger(Germany#7)
 激しい当たりに奪ってからの展開力。ケディラを前に出して自分はフォローに徹しながら、必要とあれば突破力や得意のミドルを繰り出せる戦術眼。仲間の腰が引けているようにも見えたスペイン戦で、ただ一人それまで以上に戦い、走り続けたメンタル。ドイツは新時代のリーダーを手に入れたようだ。
Xavi(Spain#8)
 味方の動きが少なく出しどころに困る場面が多かったが、それでも別格の存在感を放ち、チームにリズムを与えた。受けて、さばいて、スペースに動いて受けて、という作業を間断なく行いながらほとんどミスを犯さなかったのは驚くべきことだ。激しい当たりにさらされてもボールを失わない体の使い方やテクニックはもはや芸術の域。ある意味「堅守」に最も貢献した選手かもしれない。
Wesley Sneijder(Netherlands#10)
 ボールに触れば何かを起こした。守備を最優先する戦術の中でその機会が多かったわけではないが、気がつけば人と人の間やスペースに入り込んで決定的なスルーパスを繰り出し、ゴールネットを揺らす。時間をコントロールしながら人を動かせる唯一の存在で、彼なくしてオランダの戦い方は成立しなかっただろう。
Thomas Mueller(Germany#13)
 サイドから斜めにライン裏に抜ける動きを繰り返して相手を混乱に陥れ、エジルやクローゼとの頻繁なポジションチェンジで中央に入り込んでは受け手の動きを殺さない強さやタイミングのパスで基点として働く。チャンピオンズ・リーグであれほど入らなかった決定的なシュートを面白いように決めるなど、精神面の成長も示した。


Diego Forlan(Uruguay#10)
 ウルグアイの攻撃の全てを司った。中盤に降りてきてのゲームメークにバイタルエリアのホールで巧みに受けての展開やラストパス。左右で差のないミドルシュートの破壊力には触れるまでもあるまい。被ファウルが2というのは、いかに的確なポジションを取って速い判断でプレーしていたかの証明だ。プレースキッカーとしても合わせてよし、狙ってよしで、能力を存分に見せつけた。

|

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Final(7/11) | トップページ | 2010J2#18 千葉0-3札幌@フクダ電子アリーナ »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48867976

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:勝手にBest11:

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Final(7/11) | トップページ | 2010J2#18 千葉0-3札幌@フクダ電子アリーナ »