« 2010J2#16 草津1-1札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 »

2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/11)

South Africa 1-1 Mexico
 メキシコは立ち上がりこそ相手の緊張もあって圧倒したが、徐々にメリハリのなさ-常に同じテンポでつなぐだけでチャレンジがない、前にスペースがあるのに横パスばかり選択する-に慣れられ、有効な攻撃を仕掛けられなくなった。ブランコが巧妙に前線でポイントをつくっていただけに、彼の投入が遅かったことが悔やまれる。対照的に南アフリカは緩急の変化を常に意識してボールを動かせていたので、攻めの回数は少なくても相手を崩せていた。ゴールはその正当な対価だ。ただ、サイドにまで人数を掛けられない攻めがフランスやウルグアイに通用するかはわからない。上に進みたければ、今一歩の厚みが必要だろう。守備でもライン間に広大なスペースがあり、相手のスローテンポに助けられた側面が大きい。よりコンパクトに、厳しくプレーしなくてはならない。

Uruguay 0-0 France
 双方とも、守備への切り替えの速さ、深い位置での集中力、それを90分続けたことにこそ見るべきものがあったが、そこにエネルギーを使い過ぎたようで攻撃はラスト10分のフランス以外は個人頼み。グループリーグでの力関係なども考えて敢えてリスクを冒さなかったのだろうが、せっかくの質の高い選手たちがバラバラにプレーし続けるさまを見ると、根本的にチームとしてのコンビネーションを志向していないようにも感じられた。フォルランやリベリを使いこなそうとしないとは、持たざる者からすれば何たる贅沢か。

|

« 2010J2#16 草津1-1札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48610463

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/11):

« 2010J2#16 草津1-1札幌@正田醤油スタジアム | トップページ | 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 »