« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/25) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Round of 16(6/26) »

練習試合 札幌3-0川崎@宮の沢白い恋人サッカー場(30分×3)

*個人戦術の差は歴然。誰がどこにいて、どこが空いていて、ならどうすべきか、という判断の精度がまったく違う。だから結果は同じでも向こうはフットボールに見えるし、こちらは偶然にしか見えない。

*相変わらず攻めたいのか守りたいのか判然としない。ボールをどこで奪いにいくのか、取れたらどう攻めるのか、取れなければどう守るのか…といった共通意識が感じられない。だから内村がクロスをクリアしたり、古田が最終ラインで体を張る、などという珍妙なシーンが現れる。

*これを美徳だと捉えているうちは、いつまで経ってもこのチームは強くならない。バランスが崩れていて、必要なところに必要な人間がポジションを取れていないから他の選手に要らざる負担がかかっているだけだ。例えば日本代表は守備的でもバランスが保たれているから、松井や大久保はそんなプレーをしない。

*特に中盤センターのところがフィルターにもコントロールタワーにもなっていない。芳賀がボールを受けて展開している間、(このゲームの場合)上里は何をしているのか。そもそも芳賀が組み立てを担っている時点で間違ってはいないか。ビルドアップが得意なのがどちらなのかは誰でもわかることだ。守備でもここの2枚のタスクや関係が明確ではないから後ろに多大な負担がかかる。リーグ戦からずっとそうだが、まさか正しい状態だと判断しているわけではあるまい。いの一番に手を付ける必要のあるセクションのはずだが…。

*攻撃は攻撃で個々が勝手にやっているだけで偶発的なコンビネーションや個の突破でしかチャンスがつくれない。15試合以上もやっていれば、形はどうあれ何らかのパターンが見えてきてもいいはずだが、何をトレーニングしているのだろうか。我々がアルゼンチン代表のようにワールドクラスの即興に期待できない以上、キリノに出鱈目なハイボールを放り込んで『収まらない』などとケチをつける以外の)規律を与える必要がある。

*片山は評価不能。あまりに消極的で、長所を発揮しようという姿勢に欠けた。「お客さん」のまま横浜に送り返されたくなければ、周囲を無視してでもプレーに絡み、左足の威力を見せ付けなくてはならない。むしろそれぐらいのメンタリティーの持ち主の方がチームに刺激を与えられるのではないか。

|

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/25) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Round of 16(6/26) »

Consadole2010」カテゴリの記事

コメント

練習試合の内容を評価してる所がほとんどなかったので
大変参考になりました。

基本からやり直し、という報道がありましたが何も変わってなさそうです。
(そもそも基本とは何か?と言う所も含めて)

何かを変える姿勢がなければ、残りの期間は無駄に過ごすことになるでしょう。
今の段階では、後半戦には期待を持てなさそうです。

投稿: つくる | 2010年6月27日 (日) 10時37分

>つくるさん

トレーニング再開から1週間でも、何かを変えようとしていれば見えてくるものはあるはずで、それがなかったのが残念でした。もっとも、札幌の選手が変えなければならないのは、サッカーに関する考え方そのもの。とてもあと3週間でどうにかなるような類のものではないような気もしますが。

投稿: 管理人 | 2010年6月27日 (日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48724674

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 札幌3-0川崎@宮の沢白い恋人サッカー場(30分×3):

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/25) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Round of 16(6/26) »