« 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/15) »

2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/14)

Netherlands 2-0 Denmark
 強固で集中の高い守備ブロック、オランダの最終ラインの裏や間を素早く狙う攻撃―。前半のデンマークは、いい「教材」を残してくれた。逆に後半のプレーぶりは、このレベルの相手にそれを90分間続けることがどれだけ困難か、ということも示した。やはり、ある程度ボールを持つ時間をつくらないと疲労する時間帯が早まる。デヨンクとファンボメルを避ける意図もあったのかもしれないが、ビルドアップを放棄して何もできなかった彼らの姿は反面教師として記憶しておかなければならない。オランダは前半こそ苦しんだが、幸運な形で先制した後は相手の無策にも助けられ、悠然と逃げ切った。それでも、何度かあった厚い壁を崩す可能性を感じさせる鋭いクサビからのビルドアップ、ファンデルファールトとエリア(≒ロッベン)という全く個性の違う選手でも何の問題もなく機能させられる懐の深さなど、強さの片鱗は見せた。「本番はまだ先」といったところだろう。

Japan 1-0 Cameroon
 どちらが勝者に相応しかったかは、明らかだ。日本は明確な目的意識の下、規律を持って戦い、押し込まれている中でも前に出ることを忘れずに全員がハードワークを貫いた。本田、松井、大久保の仕掛けやキープといった個の力も相手に脅威を与え続け、守備にも大きな助けとなった。ただ、これだけ頑張ったのに、個々がバラバラにプレーするだけで、最後もパワープレーに訴えるしか手がなかった相手に薄氷を踏む思いをしてやっと勝てた、という現実は、日本が世界の中でどの辺にいるのか、ということを冷徹に指し示している。実際、同組の前のゲームとのレベル差は相当にあった。その差を埋めるためにはこのゲーム以上の献身、集中が必要になる、ということだ。選手は当然わかっているだろうが、観る側にも覚悟が求められる。

Italy 1-1 Paraguay
 イタリアは、よくボールを回していいプレーをした。ただ、意外性に欠ける内容に終始したことで、パラグアイの守備陣は余裕を持って対応できていた。素早いカバー、正確なポジショニング。これを破るには、ポジションチェンジなど相手のブロックを動かせるようなリスクを冒すプレーか、特別なプレーヤーが必要だった。そうでなければ、相手のミス―。それをモノにしたイタリアの勝負強さを褒めるべきか。ただ、レベルの落ちる相手なら、もっと取っていても不思議ではなかった。パラグアイは守っているだけだったが、イタリア戦に特化した戦術を組んだのだろう。逆にこれだけ守れるのなら、ある程度結果は計算できる。次からはまた違った顔が見られるはずだ。どちらも見通しは暗いものではないだろう。

|

« 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/15) »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48637240

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/14):

« 2010J2#17 札幌2-2愛媛@函館市千代台公園陸上競技場 | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/15) »