« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/22) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/24) »

2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/23)

England 1-0 Slovenia
 スロヴェニアは、相手に敬意を払い過ぎた。立ち上がりから消極的なプレーに終始し、かといって守り倒すことを徹底したわけでもない。ただ攻めるスペースを与えただけだった。つなげるところでも蹴ってしまうし、コンビネーションを使える局面で無理に打ってしまう―。アルジェリアが前のゲームでイングランドにしたのと同レベルのプレーをできる質は持っていたはずなのに、他会場の経過も含めて周囲に気を取られ過ぎて、自分たちのプレーを見失っていた。その罰を最後にドノヴァンによって下された、といえよう。イングランドも攻められる状況でも緩急や変化を欠いたプレーばかりで、自陣で無駄なファウルを繰り返すなど、依然として前評判に見合うプレーは見せていない。ドイツはむしろ喜んでいるかもしれない。

Germany 1-0 Ghana
 ガーナは一瞬以外は狙い通りのゲームだっただろう。相手が自陣に入ってきたところでプレッシャーをかけながらブロックを整え、奪えば素早いパス交換で、前線の激しいポジションチェンジを交えて攻め込む。ゴールを脅かした回数はドイツより多かったのだから、あとはシュートの精度だ。他のアフリカ勢と違って規律を持ってプレーできているし、上に行くチャンスは大いにある。ドイツもボールを回しながらサイドアタック、後列の飛び出しと攻め手を繰り出したが、クサビが少なかったことと緩急に乏しかったことで、ほとんど最終ラインを動かせなかった。ワンチャンスを生かし切ったのはさすがだが、修正が必要だろう。

|

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/22) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/24) »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48709343

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/23):

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/22) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/24) »