« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/17) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/19) »

2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/18)

Serbia 1-0 Germany
 セルビアが良かったのは最初だけ。それ以降はズルズル下がってただ跳ね返すだけになり、相手が1人減ってもそのまま。外しまくった相手に救われたにすぎない。クラシッチを重点的に使ってバドシュトゥーバーと競らせ、ファーでジギッチをラームに当てる狙いは有効だったが、雑なパスも目に付いたし、このメンバーならもっと立ち上がりのような質の高い攻めができたはずだ。「後がない」という思いが逆に出たのかもしれないが、次もこの体たらくなら足をすくわれかねない。ドイツは数的不利を感じさせないプレーをしたが、アイディアとダイナミズムの足りない攻めに終始したことでポドルスキ以外は最後のところを破り切れず、その彼は次から次へ外す。仕上げにPKを外した後は、意気消沈したかのようにチーム全体の足が止まり、そのまま終了まで何もできずじまい。俗に言う「ゲルマン魂」は見る影もなかった。

Slovenia 2-2 USA
 スロヴェニアはボールを動かして前に運ぶまではよくできていたが、その先の質が低い。サイドバックのフォローも遅く、サイドに展開してもスローダウンするか、不正確なクロスが彼方に飛んでいくばかり。完全に足が止まっていたのに動こうとしないベンチワークも不可解だった。アメリカもいつもの組織的なカウンターが影を潜め、チャンスは放り込みか独力突破(それに伴うセットプレー)に限定された。2点差を追いついたといっても、フットボール的に次につながる要素はないだろう。また、双方ともに最終ラインが緩い上にミスが多過ぎた。スロヴェニアの2得点、アメリカの1点目…ラインコントロールに判断等々、このレベルでは考えられない。ついでに、レフェリーもこのレベルにはなかった。理解不能な笛を繰り返し、ゲームを混乱させ続けた。

England 0-0 Algeria
 緩急をつけながらボールをよく回し、守備でもボールを奪う姿勢を失うことなく素早くスペースを埋め、ボックスに入ってくるボールは集中を切らすことなく跳ね返す。運動量も闘争心も最後まで衰えなかった。アルジェリアは勝利に値するプレーをしたが、ゴールだけが足りなかった。いいボールは入っているのに、本職のトップの選手がいなかったせいか、肝心なところの枚数が少ない。後方の選手に、味方を追い越してもう何メートルか前に出て行く勇気が必要だった。イングランドは手持ちの人材に似つかわしくないロングボールと単調なビルドアップの繰り返しで偶然以外ではチャンスをつくれず、プレスをかけてもかわされ続ける有様。どの辺が優勝候補なのか理解し難いプレーに終始した。確かに次を取ればトーナメントだが、こんなプレーをしているようでは勝ち進む可能性は低いだろう。

|

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/17) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/19) »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48666159

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/18):

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/17) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/19) »