« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/14) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/16) »

2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/15)

New Zealand 1-1 Slovakia
 ロングボールと足元ばかりのパス交換に終始したニュージーランドと、個人が2、3人の関係でしかプレーしないスロバキア。チャンスをつくることもままならない、退屈な内容に相応しい結果だろう。間違いないのは、両チームともこのグループのコンテンダーたり得ない、ということだ。

Cote d'Ivoire 0-0 Portugal
 途中までは双方とも自陣にブロックをつくって潰し合い、足が止まってからは何となくポルトガルがボールを持っていたが、いずれにしてもグループで崩すアイディアに乏しく、個人の突破に頼るばかり。まさか、守り倒されたら弱そうなブラジルへの対策をシミュレートしていたわけでもあるまい。チャレンジは皆無でリスクを冒そうとしない内容は、世界中のファンの期待を裏切るものだったといえよう。

Brazil 2-1 Korea DPR
 北朝鮮は規律を持って理性的にプレーしていた。低いラインをキープして常に相手のアタッカーを前に置けていたし、ロビーニョやカカの仕掛けに対しても簡単に飛び込まなかったのでセットプレーも与えない。攻撃も2トップの連携が良かったので、枚数が少ないといってもある程度の可能性を感じさせた。これからの対戦相手にも「容易ならざる敵」との印象を与えたのではないか。
 ブラジルはボールを持ってはいたが、最終ラインの前で突っ立っているだけで相手を崩す工夫はほとんどせず、枚数もせいぜい4人。相手の攻めの人数を考えればもっとオーバーラップを仕掛けても良かったはずだ。マイコンの飛び出しが得点につながったことが、逆に何が彼らに足りなかったのかを浮き彫りにした。また、先制するまでは何もしようとせず、2点取ってからは攻めることばかり考えて簡単に失点するなど、試合運びの拙さも目についた。半ば「ナメて」いた部分もあっただろうから、引き締めてはくるだろうが…。 

|

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/14) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/16) »

WorldCup2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48644896

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/15):

« 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/14) | トップページ | 2010 FIFA World Cup South Africa:Group matches(6/16) »