« 2010J2#10 熊本0-0札幌@熊本市水前寺競技場 | トップページ | 2010J2#12 北九州0-1札幌@本城陸上競技場 »

2010J2#11 札幌0-0東京V@札幌ドーム

 ゴールに向かってプレーしていたし、精一杯走ってもいた。それでも何をしたいのか判然としない相手から得点できず、何度もピンチを招く。これが現状の力だということだ。
 確かにフォーメーションを変えたことでボール回しに参加できる人数が増え、ビルドアップは安定した。ただ、サポートの意識のない選手たちに3-5-2をやらせればアウトサイドに莫大な負担がかかるのは自明の理。実際、藤田あたりが守備に戻って間に合わない時に誰も前のフォローをしないことで攻撃が止まったシーンが何度もあった。しかも、足が止まれば余計にアウトサイドは出てこられなくなるから、攻めが形を成さなくなる。守備でも相手がミスを繰り返したことで結果という形では露見しなかったが、CBとアウトサイドの間にボールを入れられて前を向かれた時に、どうポジションを取ってどう守るのか、という部分が見えなかった。もっと質の高い相手なら好き放題やられていた可能性が高い。
 結局、どんなシステムを採用しようとプレーするのは選手である以上、「どこに動けばどうなる」「このスペースが危ない」といった戦術眼は求められる。根源的にそこが札幌の選手に欠けている上、今後のアウェイの気候を考えても、特定部分に負担のかかるこのシステムで今後も戦っていけるとは思えない。戻るべき場所を探し当てさせるために1試合半を費やした、と考えるべきだろう。「勝てればラッキー」程度の位置づけのゲームをつくれるような余裕が昇格を狙うチームにあるはずもないのだから、今季もまた「教育」に費やされる、という覚悟を持つ必要があるのかもしれない。

|

« 2010J2#10 熊本0-0札幌@熊本市水前寺競技場 | トップページ | 2010J2#12 北九州0-1札幌@本城陸上競技場 »

Consadole2010」カテゴリの記事

コメント

数字上もJ1昇格は厳しくなりましたね。
ただ、この状態じゃJFLや大学生にも勝てないでしょう。
もう一度、岐阜がやった以上の荒療治が選手とフロントにも
必要かもしれないですね。

投稿: アスパラほっき | 2010年5月 5日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155838/48277349

この記事へのトラックバック一覧です: 2010J2#11 札幌0-0東京V@札幌ドーム:

« 2010J2#10 熊本0-0札幌@熊本市水前寺競技場 | トップページ | 2010J2#12 北九州0-1札幌@本城陸上競技場 »