« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009J2#35 札幌3-3鳥栖@札幌ドーム

 上手くいっているところをわざわざ変えて、リズムを失った。明らかにベンチのミスだ。吉弘が外された理由を国籍以外に求めるとすれば、ビルドアップの不安だったのだろう。しかし、ディフェンダーに求められる最大のものはそこにはない。彼と石川とのコンビはラインコントロールも的確だったし、チャンレンジ&カバーの関係も円滑だった。それがどうだ。人を変えた途端にラインはバラバラ、コンビネーションも滅茶苦茶。3失点とも、後ろの選手が集中を欠いたプレーで人を外し、対敵動作を誤り、下らないファウルを犯したところに原因があるが、それはゲームを通してユニットとしての信頼関係が揺らいでいたことと無関係ではあるまい。何度、ハーフナーに放り込まれた時のセカンドボールに棒立ちになって相手に拾われたというのか。だいたい、ここ数試合のソンファンは、不安を増幅させるようなプレーを繰り返していたではないか。そんな選手を出場停止明けに無条件に起用するほどの余裕がこのチームにあったとは知らなかった。
 ビルドアップの面でも判断の遅さゆえの横パスのオンパレードで、味方が浮いていても縦に入れないし、サイドにつけるにしても消極的なボールばかり。わざわざ相手が戻る時間を稼いでやったようなものだ。西嶋に至っては下らないパスミスを繰り返してリズムを破壊し続けた。もちろん、1人変わったぐらいで崩れること自体に問題はあるが、それ以前に変える理由がなかったこともまた事実。これ以上、こんな下らない失点を繰り返したくなければ、人を元に戻すか、このゲームのメンバーに徹底的にコンビネーションを叩き込むことだ。闘争心を失っているように見える外国人を使うぐらいなら、前者を選択すべきだろう。
 縦に入れられないという点では、中盤から前も同じだ。相手がのべつ幕なしにスパイクの裏を見せて突っ込んできた(それや度重なるホールディングを許容したレフェリングに問題はあったにせよ、ここはアジアの2部にすぎない。審判のレベルもその程度だ、ということだ)のに怖気ついたか、裏を狙えたり、クサビを入れられる状況でも常にファーストチョイスはサイド。いい攻めができたのは最初だけだった。ハファエルも常に中央に陣取っているだけで、ボールを受ける動きをしない。確かに相手からは浮いているのだが、味方が出せるポジショニングも取っていない。トップに入れば、近くにいるので得点シーンのように相手に脅威を与えるに十分なプレーを見せたが、その機会が少な過ぎる。チームのやり方を早急に身に着けて、攻守ともにもっとプレーに関与できるようにならないと、ベンチの肥やしとしてシーズンを終えることになりかねない。このままなら、古田や岡本の復帰でいの一番に弾き出されるのは彼だ。
 ラフプレーを繰り返した上に、キック&ラッシュで目先の結果を出すことしか考えていない志の低い相手に対応できなかったのだから、こちらもそれに等しいレベルにすぎないのだ。発想が貧しくても、彼らのやり方がこのリーグで最も有効な手段であることは確かだ。それを打破するためには、こちらのレベルを上げていくほかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#34 岐阜0-2札幌@岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 良かったのは、最初の十数分だけ。もっとも、この時間帯に得点を奪えたことが勝利につながった。それ以降は、前に出ずに受ける一方で、佐藤へのロングボールのセカンドは動き出しが遅くまったく拾えず、シンプルに嶋田や高木のスピードを生かしてSBの裏を狙ったサイドアタックにはことごとく後手を踏む。そもそも、ボールの出所にまったくプレッシャーがかかっていなかった。ダニルソンは奮闘していたが、彼が一人で追い掛け回してボールを奪っている状況が正しいものだとは言えまい。他の選手が1本目、2本目のパスでミスを連発して相手にボールをプレゼントしているようではどうしようもない。特に宮澤は位置取りが低過ぎる上に守備が軽く、ミスも繰り返して再三相手にチャンスを提供していた。CB2枚と西嶋の対応が適切でなければ、何点か失っていても不思議ではなかった。
 暑さで動けないのなら、前で収めて時間を稼げるように考えてプレーしなければならない。いくらリードしていても、前半の早い時間から終了間際のような跳ね返すだけのプレーに終始していては、いつ取られてもおかしくない。このゲームの結果が僥倖だった、ということになる。ショートパスを前に当ててサポートに行く方が、蹴ってこぼれたボールに働きかけるよりはるかに効率的で有効なはずだ。確かに相手のプレスはタフで、ここ数試合のパス回しを寸断するには十分なものではあったが、普段通りにできないからといって蹴るだけではあまりにも芸がない。ビルドアップを行う上で、複数の選択肢を持っていないからこのゲームのようなことになる。正しい状況判断力があれば、問題なくほかのチョイスができたのではないか。
 おそらく、選手たちもわかっているだろう。次のゲームで鳥栖お得意のハイプレッシャーをいなすようなボール回しを見せてくれるはずだ。同じような引っかかり方を繰り返すようなら、学習能力がない、ということになる。頭を使わなくてはならないのが自分たちだ、ということは理解しているはずだ。ならば、プレーにそれを表さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »