« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »

2009J2#33 東京V1-2札幌@味の素スタジアム

 前々節、C大阪戦のレビューで、「コンディションがどうであろうと、本当の技術を身に着けていれば関係ない」と書いた。やればできるじゃないか。間違いなく大阪よりも暑かったが、個々の技術にサポートやランのグループワークが加わったことで相当長い時間ポゼッションできており、奪われても深い位置なのですぐいい形で守備に移れ、相手にビルドアップを許さなかった。もちろん、相手の攻めが大黒の動き出しや平本、河野の突破など個人技に依存するものであったことで守りやすかったのは事実だが、札幌のディフェンスがそうさせた部分も多分にあるはずだ。また、足が止まった時間帯でも出る時は出てゴールを狙うこともできており、相手が放り込みに出ても両CBの集中が切れることはなかった。ボールを狩りまくったダニルソンのプレーも、特筆しておかなくてはならない。
 ただ、チャンスの数に比べて、相変わらず得点は少ない。取れるときに取っておかなければ苦しくなることは身にしみているはずで、こんなコンディションであれば尚更だ。事実、得点後の相手がただ回しているだけで、トップに頼るだけの攻めを繰り返してくれなければ、ゴールと同じような2列目の飛び出しを多用してくれば、大黒や平本に収まっていないわけではなかったのだから、どうなっていたかはわからない。吉弘も石川も最後のところではよく体を張っていたが、大黒を捕まえきれない場面も多く、レベルの高い相手への対応には課題を残した。
 2試合続けて質の高いゲームができた。これをどこまで続けることができるか。すぐ落ちてしまっては、これまでの繰り返しだ。目指すものが見えてきてはいるが、まだ最終形ではない。もっと長い時間いいプレーができるようにならないとならないし、取るべき時に取る、ということも積み残したままだ。走れなければ拾えない、というポジショニングの拙さも改善しなくてはならない。レベルが上がれば、課題の質も上がる。例えば西嶋は、高い位置でのパスの質をもっと上げなければならない。意図だけで許されるレベルからは抜けた、ということだ。上を見ればきりがない。だからこそ、上を見続けなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »