« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009J2#27 札幌0-1熊本@厚別競技場

 ベンチが試合をぶっ壊した。意味不明なシステムチェンジは相手が嫌がっていた石井の斜めの動きをなくした上、選手間の距離が開きコンビネーションも失わせた。技術もモビリティーもない選手を立て続けに投入した交代もそれに拍車をかけ、ただの放り込みに堕させただけ。そんなに放り込みをやりたいのなら、お題目を並べないで、最初からやればいいではないか。
 ベンチがベンチなら、選手も選手。打てるところで打たず、ご親切に相手が密集しているゾーンでこねくり回して、点が入るとでも思っているのか。それでも前半はサポートにも動いていたし、石井やキリノがよくボールを引き出していたことでビルドアップもスムーズ。距離感も良かったのでプレッシャーを受けてもボールを回せていた。最後の意識さえ改善されれば光は見える。ベンチに下らない放り込みを選択されたくなければ、とっとと得点することだ。
 ディフェンスは、肝心なところで集中を切らし、棒立ちになることが続いている。明らかに属人的な問題だから、人を代えることも検討すべきかもしれない。失点後に下を向いて、まともにプレーできなくなる心の弱さも相変わらず。こんな間の抜けた「伝統」は、いい加減追放しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#26 愛媛1-2札幌@ニンジニアスタジアム

 この結果でなければ、ただの無気力ゲームだった。覇気なし、集中力なし、運動量なし。誰かに渡せばそれっきりで、ほとんどが自分のポジションから動こうとすらしない。それでいてボールを失っても木偶の坊よろしく突っ立っているだけで、次の瞬間には確実に自陣ゴール前に相手が殺到する、という有様。最終ラインにしてもカラーコーン並みの存在感で、ボールを眺めているばかりで相手を捕まえる気すら見せない。相手に質の高い技術があれば何点入っていたかわかったものではない。
 後半、石井が入って裏を狙う動きをしだしたことでクライトンの前にスペースができ、何本かいいパスが供給されたが、中山や石井に打つ気がなく、誰かを探すばかりとあっては如何ともし難い。点を取るためにやっているゲームで、そのためのアイディアを出そうとしないのをフットボーラーと称するのは無理がある。結局、点を取ったのはこぼれ球に詰める、というFWの基本に忠実なこと(それを誰もしていなかったこと自体、驚くに値するが)をした上原と、再三ゴール前への飛び出しを見せていた芳賀。ミスも多かったが、チャレンジを繰り返したことが結果につながった。これこそがチームに足りなかった姿勢だ。次からは、全員が彼の姿勢を見習わなければならない。チンタラ横パスをつないで、シュートすら打とうとしないゲームが、いかに観客にとって不毛なものであるか思い知るべきだ。勝ったからといって、この試合の内容が清算されるわけではない。今度こんなゲームをして、結果が伴わなければどうなるか。選手たちは心しておかなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#25 札幌0-1水戸@札幌ドーム

 レフェリングが試合を壊したのは確かだが、ここが日本の、しかも2部であることを考えればあり得べからざることでもない。それ以前に、札幌の質が低過ぎた。例によって消極的で下らないミスを連発し、サポートや連動性が乏しく、最後の枚数も足りなかったたこともそうだが、根本的に点を取るためのビルドアップができていない。横パスやバックパスばかりでゴールに向かう怖さがないから相手が中央から動いてくれないし、サイドアタックがただの遠回りになっている。シュートを打つことを怖がっているようにしか見えない。唯一その可能性を感じさせた岡本を下げて体を張るしか能のない中山を入れたことも不可解で、実際に彼は肝心なところで信じ難いプレーを見せただけ。これ自体は驚くようなことでもないし、それなら足りない部分は多くても将来のある若い選手を使ったほうがマシだ。
 だいたい、ここ数試合は中山に放り込むことでしか相手を混乱させられていない。彼を入れるまでのビルドアップがそれだけ雑なことの証明だ。ベンチも選手もそれでいいのか。何を目指しているのか、考え直すべきだ。楽をして勝てているのならまだしも、無残な結果しか出せていないのだから、なおさらだ。
 最終ラインも集中を欠いたプレーが多く、人は見ていない、再三ボールウォッチャーになる、など散々だったし、もう一度チームを引き締める必要がある。勝つことが最大の良薬ではあろうが、今のように誰かに頼って、助けてもらおうとしているだけでは何も得られることはない。それは自分たちでつかむものだ。チームのために走る、仲間を助ける、など戦術や戦略以前の原点を思い出さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »