« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009J2#24 仙台1-1札幌@宮城スタジアム

 やっと、戦う、集中するといったゲームをする上で当たり前にしなくてはならないことがある程度まで戻ってきた。結果こそ物足りないが、精神的には間違いなく次につながるだろうし、そうしないとまた無駄なゲームを過ごしただけ、ということになってしまう。
 暑さもあって、双方ともにハイプレッシャーをかけるようなことはせず、札幌は足元でつなぎながら、仙台はロングボール主体でプレーしたため、点の入りそうな雰囲気自体が少ないゲームになった。お互いのチャンスの数を見ても、このスコアは妥当なものだろう。
 ただ、札幌のベンチがミスを犯さなければ、こちらに勝ち点3が入っていたかもしれない。それは、まず3バックにしたこと。結局、失点もサイドで数的不利をつくられていいクロスを上げられ、中央でついていけなかったもの。攻めの気持ちを持たせるという意図はわからないでもないが、このコンディションでそれをすることが正しいとは思えない。それに、プレスをしないのなら人の配置である程度スペースを埋めておかなければならないのに、人数も中央に偏っていた。もう少し守りようがあったのではないか。また、持ち過ぎる上にボールロストを繰り返し、ちょっとしたコンタクトでバタバタ倒れて文句を言うなど、チームにとって害しか為さなかったクライトンを最後まで引っ張ったのも疑問。ここで有効なプレーがいくつかでも出ていれば、追加点も取れていただろうし、もっとスムーズな攻めができていたはずだ。彼が不在の間にしていた攻めの方がはるかに有効なのは明らかで、今後、クライトンにそれを納得させることができないのであれば、彼を外すべきだ。チームの将来にとって一外国人のやり方に従うのと、コンビネーションで攻めることのどちらが大事か、考えるまでもない。
 守備陣は集中はしていたが、立ち上がりに仙台がサイドバックを張り出させて間を空けようとしてきたのにまんまと引っかかり、何度か決定的なピンチを招いていた。もっと早く相手の意図を読み取り、ベンチに指示される前に対応を考えなければならない。このレベルなら集中力と闘争心(プラス相手のミス)で何とかなるが、もっと上に行きたければそういったことが必要になる。
 選手たちが、勝ちに飢えていないといえば嘘になるだろう。その気持ちを、次のゲームにぶつけなければならない。1週間後こそ、マストウィン·ゲームだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#23 札幌1-1横浜FC@厚別競技場

 ノーリスク、ノーチャレンジ、ノーリターン。守備を固めた相手に対して前半の大半をそのように過ごし、ところどころ下らないミスでカウンターのチャンスを献上する。極め付きがあのPKだっただけで、そこら中に種は蒔いていたのだ。失点してからも、ボックス内に8人も9人も相手がいるのに芸もなく放り込むだけ。西嶋の上がりが得点に結びついたことが、逆に現状の問題点をあぶり出している。いくらポゼッションしていても、最後の崩しの局面では相手が予測して、対応できるプレーばかりなのだ。打つべきところで下げる、パスする…などあり得ない「予想外」は多々あるが。
 しかも、クライトンが帰ってきたら依存体質まで戻ってしまった。藤田も岡本も前が空いているのに、ダブルマークを受けているところにパスを出す。そこで間違いなくスローダウンするし、取られなくても、次のプレーの精度に影響がないわけがない。自分のアイディアよりクライトンの方が信頼できるというのなら、即刻引退した方がいい。そんな奴に未来はない。クライトン自体、自分が不在の間にチームに起こった変化を理解できていないから、パスがきても感じていない、走らない、で流れを止める局面が多々あった。本来なら、トレーニングで解消しておかなければならないことが試合で出てしまう、という事実が現状の風通しの悪さ、流れの悪さを物語っている。
 結局、言われたことをやっている「つもり」なのに結果を出せないことで気持ちが後ろ向きになり、ミスが増え、ついにはこのゲームのように集中も切らす「負のスパイラル」に陥っているのだろう。いわば昨季と同じメンタリティーだ。人間がほとんど同じなのだから、そうなることは理解できなくもない。その程度の選手しかいない、ということでもある。
 もちろん、今後も試合をする人間は同じなのだから、いつまでも「その程度」では困る。多くの選手が強い気持ちを持ち、確信を持ってプレーしていればこんなことにはならないはずだ。何年もこの世界で飯を食っている以上、「経験不足」を言い訳にできないことぐらいは理解すべきだ。経験があろうがなかろうが、できる奴はできる。いい加減、「いい時はいい、悪い時は悪い」という、このチームの悪しき体質にはおさらばしなくてはならない。それはチーム内外の自覚にかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009J2#22 湘南3-2札幌@平塚競技場

 弱いから負けた、それだけだ。前半は何もしていなかったにもかかわらず、逆転するや否やプレーすることをやめ、足も止め、ルーズボールに働きかけることすらせずに相手の攻めるがままになったことは心やフィジカルの弱さを端的に示しているし、毎度毎度単純なロングボールに対してまともに対応できず、人数はいるのに必ずフリーの選手が出現することは思考能力のレベルの低さを証明している。一般社会で、反省をフィードバックできずに同じミスをこれでもか、とばかりに繰り返す奴がいれば、そいつは放逐されるだけだ。札幌の選手が放逐されないのは他に人がいないからに過ぎないが、半年後にそうなっている可能性はさらに上がったことだろう。また、中山の投入によって流れは変わったが、それは「2トップ」というシステムが相手を混乱させただけで、彼がしたことは最初のボールに競りかけることでクライトンや宮澤をプロテクトしただけ。それも2点取るまでで、相手が対応してきた後はいつも通り場所を問わずレベルの低いミスを繰り返すばかり。それ自体はここまでの数年で証明され尽くしたことなのだから、こんな選手を「切り札」と恃まなければならないチームのレベル自体が(代わりを連れて来られないフロントも含めて)低いだけだ。実際、相手のCFは開幕直前にいわば拾われた選手。その選手とこちらの13番の働きを比べれば、どちらがいい選手なのかは明らかだったではないか。
 「悪い癖が出た」「次の試合に向け頑張る」-。監督のコメントを見ていると、5年前の記憶がよみがえる。このチームは再び、終着点すら定かではない「成長に伴う痛み」をサポーターに強要する気なのか。同じ過ちを何度繰り返せば気が済むというのか。プロなのだから、観客に娯楽を提供しなければならない。誰が苦痛と忍耐のためにスタジアムに足を運ぶのか。監督が本当に注意していて、それでも選手ができないのなら、その選手が誰であっても外すべきだ。他に人材が払底しているというのなら、補強するしかない。それがプロとしてチームがすべき仕事のはずだ。「金がない」「人がいない」「仕方ない」という三段論法は、もう見飽きた。これ以上こんなゲームをエンターテインメントと称して金を取って見せ続けることが、許されるはずはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »